fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2022年06月01日 (水) | 編集 |
2022.3.26 参拝 
ガラホのカメラのバッテリーを節約しながら撮影していた為、
このお寺ではあまり撮影していません。

20220326_円応寺_閻魔大王_001

円応寺
https://kamakura-ennouji.jp/
----------------------------
 円応寺は、建長二年(1250年)に造られた閻魔大王を本尊
とするお寺です。建長寺開山大覚禅師の弟子であり、
建長寺第九世の知覚禅師が開山(最初の住職)です。閻魔堂、
十王堂とも呼ばれ、亡者が冥界において出合う「十王」を
祀っています。
 円応寺は初め見越嶽(大仏様の近く)にありましたが、
鎌倉幕府滅亡後足利尊氏が由比ヶ浜に移築しその後、
江戸時代の元禄十六年(1703年)に起きた大地震後に
現在の地に移りました。


------------(円応寺 公式サイトより一部抜粋)

円応寺についての説明(案内板)。

20220326_円応寺_閻魔大王_002

----------------------------
 人が死後に冥界で出会う、閻魔大王を中心とした「十王」
をまつるお寺です。閻魔大王とは、インド最古の神話
「リグ・ベーダー」における「ヤマ」のことです。
「ヤマ」は人間として最初に生まれ、死後は楽園の主となり
ました。インドの「ヤマ」が仏教とともに中国に伝わり、
「エンマ」となり、道教の影響により閻魔大王を中心とした
「十王思想」となりました。
 「十王思想」は室町時代に「十三仏信仰」となり、
日本仏教独自の宗派を超えた葬儀・法要の元となっています。
円応寺の「十三王」は鎌倉時代に中国から伝わった
「十王思想」を彫像したものです。本尊の「木造閻魔王坐像」
は運慶の作と伝わり国指定重要文化財です。


----------------------------

20220326_円応寺_閻魔大王_003

拝観料を払って中に入ると幾つかの像が。
堂内の正面には、閻魔大王が鎮座しています。
撮影しても大丈夫との事でしたので写真に収めてきました。

20220326_円応寺_閻魔大王_004

----------------------------
 本尊の閻魔大王座像(国重要文化財)は、仏師「運慶」作と
伝わります。運慶は頓死をして閻魔大王の前に引き出され
ましたが、閻魔様の 「汝は生前の慳貪心(物惜しみし、
欲深いこと)の罪により、地獄に落ちるべきところであるが、
もし汝が我が姿を彫像し、その像を見た人々 が悪行を成さず、
善縁に趣くのであれば、汝を裟婆に戻してやろう。」といわれ、
現世に生き返された運慶が彫刻したと言われています。
 運慶は生き返った事を喜び、笑いながら彫像したため閻魔様
のお顔も笑っているように見えることから、古来「笑い閻魔」
と呼ばれています。 又、山賊から守る為赤ちゃんを飲み込んだ
事から「子喰い閻魔」その後その赤ちゃんが無事に成長
出来た為「子育て閻魔」と呼ばれています。


------------(円応寺 公式サイトより一部抜粋)

20220326_円応寺_閻魔大王_005

懺悔文
我昔所造諸悪業 (がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋痴 (かいゆうむしとんじんち)
従身口意之所生 (じゅしんくいししょしょ)
一切我今皆懺悔 (いっさいがこんかいさんげ)


この懺悔文を閻魔大王様の前で合掌し心静かに三度唱えると
今まで犯した罪は全て許されるのだとか。

が…仏教をdisる訳では無いが、この経を唱えたからといって
決して許されない罪もあると思うのだけど如何だろう。
罪のない人を殺した者、他人のものを盗んだ者、邪淫した者、
平気でウソを吐き欺き人を傷つける者

そういう輩どもこそ、決して許さず転生もせず地獄に落ちて
八つ裂きにされれば良いのにと私は思っております。
そういう人間をこのたったひとつの経で赦し、
浄土へ送ってはいけない(寺の人には申し訳ないけど)。


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッと頂けると励みになります。
関連記事
テーマ:神奈川
ジャンル:地域情報
2022年06月01日 (水) | 編集 |
----------------------------
「被害を与えたことをお詫び」重信房子・元最高幹部が出所後、
真っ先に向かった「支援者の祝賀会」

https://www.dailyshincho.jp/article/2022/05311222/?all=1

---------------(リンク先:デイリー新潮)

極左、日本赤軍の残党。暴力革命集団のテロリスト。
「古い時代とはいえこの機会にお詫びを…」?
何を言ってる?こんな軽い一言で許されると思っているのか。
「祝賀会」を開くってのも何だかなぁ。
過去にとんでもない事をやらかして心から反省しているのなら
出所した事を祝うなんて絶対に出来ないハズなのに祝賀会?
コイツは塀から出てきても死ぬまで公安の監視対象。
違和感しかないし、ただただ気味が悪い
本当に反省しているなら「これからも償っていく」という言葉
が出てく筈なのに「時代とはいえ」「この機会に」とは?
ノリが軽すぎるんだよ。

予想するけど多分この先、講演会とかめっちゃ開きそう。
講演会開いて支持者増やすとか絶対やりそう。

どうでもいいがデイリー新潮の記者もちょっと気持ち悪いな。
おめでとうございますとか、お疲れ様でしたとか言ったり、
このテロリストからサインを貰って小躍りしてる姿勢。
反吐が出そう。

テロリストを美化してはならない。

もうひとつ産経の記事を貼っておく。
----------------------------
https://www.sankei.com/article/20220531-SKSYPAQJUFJOFALX6AEDK4PS6E/
>出所に当たって配布した文書には
>「自分が『テロリスト』と考えたことはありません」
>「過ちはありつつも、世の中をよりよく変えたいという願い
>通りに生きてこられたことをありがたいと思っております」
>とつづっており


-----------------------------

スゲーなこれ本当?反省してないじゃん。


ブログに訪問ありがとう。
極左は滅んだ方がいいと思う人、拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:気になったニュース
ジャンル:ニュース