fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2022年06月02日 (木) | 編集 |
そこそこ面白かった。庵野カラーは強かったけどこの映画、
例え方が分かりづらいかと思いますが、昭和のウルトラ世代に
とっては「お楽しみ袋」みたいな感じで良かったです。
当然最初から知っていましたが全体的に大きなお友達向け。
お母さんと一緒に来ていた小学生くらいの男の子がいたけど
(怪獣のソフビを手にしていた)難しかっただろうなぁ。



公式サイト/https://shin-ultraman.jp/

“本来の設定”通りのカラータイマーがないウルトラマンになり
あの辺りの表現はどうなるんだろう?と思ってたけど、
体の赤い部分の色が変わって成る程!ととなった。

以下思った事を箇条書き。
・ネロンガが電気ガブガブ食べるとこ可愛い。
 電気止められてご飯がなくなって怒るとこスゲー可愛い。
・ガボラ、ドリル形状の時の姿がちょっとキモい。
 ドリルがパカっと開いて顔ちっちゃ!ってなった。
・禍威獣二匹どっちも犬みたいで可愛い。
・ザラブ星人ペラペラですやん…
・偽ウルトラマンの顔は変えないんだ…
・仮の姿でブランコこいでたメフィラスさんが可愛い。
・そういえば昭和ウルトラマンの時も隊員が巨大化したよな…
(特定の性癖の人たちにめちゃくちゃ刺さりそう)
・侵略者だけど紳士で知的なメフィラスさん好き。
(本来の姿で巨大化した時細過ぎて「えぇ?!」となった)
・ゼットン…



ところで、ゾフィーが「ゾーフィー」になっていたのは何で?
あと禍威獣や外星人と戦った時のあっさりめなバトルと、
あっさりめな終わり方で若干物足りなさも感じたかも。


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッと頂けると励みになります。
関連記事
テーマ:映画感想
ジャンル:映画