fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2022年11月23日 (水) | 編集 |
毎年この日になると書いていますが…

皆さん、日々口にしている食物に感謝をしてますか?
そして「勤労感謝の日」は働く人に感謝をする日とばかり
思っていた人に向け大事な事だから今年も書かせて頂きます。
本日は一般的には「勤労感謝の日」と言われている日ですが、
日本人ならば新嘗祭(にいなめさい)」という言葉を
覚えて帰っていただきたい。

【新嘗祭は、今年の収穫を祝い感謝をする日】
皇居内では神嘉殿にて、天皇陛下が宮中で神様に神饌を供え、
五穀豊穣を感謝したあと自らもそれをお召し上がりになる
最も大事な儀式が執り行われます(神人共食)。
天皇陛下はこの宮中祭祀をおこなうまで一切新米を口にしない
そうです(新嘗祭が来て初めて新米を口に出来る)。

ご存知の方は少ないと思われますが、昔は一般の人々も
「収穫を祝い、神に感謝をする日」という事で新嘗祭を迎える
までは新米を口にしない風習があったのですよね。
それなのに現代人は贅沢にも新嘗祭を迎える前に「我先に!」
と新嘗祭はおろか神嘗祭になる前に、飛びつくように新米を
買い求めてモリモリ口にしている。何か大事な事が忘れ去られ
ているようで少し残念な気持ちになります。



さて、そんな新嘗祭ですが戦後「勤労感謝の日」という言葉に
変えられてしまいました。個人的に思う事ですが11月23日は
元々使われていた「新嘗祭」という呼び方に戻した方が遥かに
素敵だしこっちの方が日本的だと思うんですが如何でしょう?

本日は全国各地の神社で新嘗祭が行われていると思います。
声を大にして言いたいのですが日本で生まれ育ったのならば、
ハロウィンだのクリスマスだの、西洋の祭りは(決して嫌いと
いう訳でもダメという訳でもないが)一旦その辺に置いといて、
こういった日本古来からの祭りこそ大事にしていくべきでは
ないかと思うのですよ。西洋の祭りは二の次にして、
もっと近くにあるものに目を向けていただきたいなーと。

豊葦原千五百秋瑞穂国
日本は素晴らしい国ですよ。


農家さんが毎日美味しい作物を生産してくださっている事に
感謝致します。いつもご苦労様&ありがとうございます。

【小さくぼやき】
この収穫を祝うお祭りを一切取り上げないテレビメディア。
ハロウィンの乱痴気騒ぎはすぐネタにするのに、
いったいこの国の放送局はどうなっているんだろうね。



ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッとしていただけると嬉しいです。
関連記事
2022年11月22日 (火) | 編集 |
今年の3月、鎌倉の鶴岡八幡宮へお参りに行った時に
「アナトリア若宮大路」で買ったトルコのチャイグラス。
使うのが勿体無くていまだ仕舞いっぱなし。
一色だけではつまらないので他の色も買ってくれば良かった。
何色も並べたらもっと可愛いだろうな。

2022_トルコのチャイグラス_001

2022_トルコのチャイグラス_002

トルコ雑貨が似合う家に住んでいれば
トルコランプも買うんだけどな。あれ綺麗だよね。

----------------------------
アナトリア若宮大路
https://www.hirookilimgallery.com/
https://www.instagram.com/anatolia_wakamiyaoji/
https://www.facebook.com/anatoliawakamiyaoji/
住所/神奈川県鎌倉市雪ノ下1-9-27 湯浅物産館 1F
営業時間/10:00〜18:00(年中無休)
電話番号/0467-24- 5215

※店舗情報は2022年11月現在のものです。
----------------------------


ブログに訪問ありがとう。
トルコ雑貨の可愛さがわかる人、拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2022年11月22日 (火) | 編集 |
11月22日は「いいにゃんにゃんの日」。
(わんわんにゃんにゃんの日でも可)

さて、11月も下旬に入りました。
これからの時期は今より寒くなっていくと思うので、
車を運転されるかたは猫に注意して下さい。
寒い時、猫ちゃんたちは暖かい場所に入り込みます。



----------------------------
日産のプロジェクト「猫バンバン」
http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/SP/

----------------------------

あなたの愛車に猫ちゃんが入り込んでいるかも知れません。
バンバンと言っても強く叩く必要はありません。
運転前には是非優しく「猫バンバン」を。

20221.22_猫バンバン_001
※画像は日産「猫バンバン」特設サイトより。

↓もうひとつ記事を貼っておこう。
----------------------------
“エンジンルームに猫”1カ月で21件!
そのうち11件はエンジン始動後に発覚

https://jaf.or.jp/common/news/2022/20220222-001

-------------------(リンク先:JAF)

20221122_猫バンバン_002
※画像はJAFのサイトより。

猫によっては奥に入り込んでしまう子もいるそうなので、
一番良いのはボンネットを開けて目視確認。猫ちゃんがいて
もしなかなか出てこないようであればJAFを呼びましょう。


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッとしていただけると嬉しいです。
関連記事
テーマ:
ジャンル:ペット
2022年11月20日 (日) | 編集 |
2022.11.19 探訪 
えびす講のお祭りにお出掛けしてみました。
焼津では「おいべっさん」と言われているお祭りです。

20221119_焼津_おいべっさん_002

20221119_焼津_おいべっさん_001

----------------------------
兵庫県の西宮神社はえびすさまの総本社です。
西宮神社のえびす札は、徳川幕府により特別に認められ
三百五十年以上にわたり全国でまつられています。


------------------(ポスターの文章より)

授与所側から撮影。

20221119_焼津_おいべっさん_004

鳥居の所からお参りの行列(下の写真3枚)が。
この行列は「ターントクルこども館」の前の交差点までずっと
繋がっていました。流石に並んでまでお参りはちょっと…
というわけで参拝はあきらめた(昼に行けば良かった)。

20221119_焼津_おいべっさん_003

20221119_焼津_おいべっさん_005

20221119_焼津_おいべっさん_006

下の写真は縁起物。ずっと昔はもっと沢山のお店があって、
縁起物もみっちり隙間なく並べて売られていたんですけどね。
景気の良かった時代はバンバン売れて三三七拍子の祝福の
掛け声もバンバン聞こえていたんだよなぁ。今は静かだ。

20221119_焼津_おいべっさん_007

食べ物の誘惑に負けそうになる。露天の食べ物って高いよね。
下の写真は比較的すいている屋台を撮影したもの。
行列が出来ているお店もありました。らくがきせんべいの屋台
では中学生くらいの女の子が気合の篭った絵を描いていて、
昔の自分の姿と重ねてしまいましたw

20221119_焼津_おいべっさん_008

他にも「当たりは絶対に繋がってないよね」というタコ釣り
(千本釣り)があったり、「なんでこんなの買ったんだろう」
と買った事を後悔してしまう謎の光り物(チビッコは確実に
欲しがる)系のおもちゃを売るお店があったり。

そして「今のおめんって千円もするのか!」と驚いた。
少し前までは高くても800円くらいじゃありませんでした?
それでも買ってく人がいて、売れていく度に露天のお姉さんが
空いたスペースに補充しまくってました。
狐のお面が可愛くてね…どうしようか悩んだんだけど、
結局「千円か…」と値段がネックになって諦めてしまった。

20221119_焼津_おいべっさん_009

下の写真は駅前通り商店街のめがね橋あたり。
この時期になると焼津でやり始めるイルミネーション。
普段はお世辞にもあまり綺麗じゃない川だけど、
キラキラさせると「いいね!」ってなる不思議。

20221119_焼津_おいべっさん_010

20221119_焼津_おいべっさん_011

関連過去ログを置いておきます。
子供の頃のおいべっさんの思い出の記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1673.html
五年前に書いたおいべっさん(昼)の記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1896.html


ブログに訪問ありがとう。
私と同じくお祭りの雰囲気が好きな人、拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2022年11月19日 (土) | 編集 |
2022.11.18 探訪 
暇つぶしに焼津さかなセンターへ…というのは建前で、
正しくは「ガス展があったから来場プレゼントの牛肉を頂きに
です。さかなセンターはぶっちゃけ地元民はあまり行かねッス。
このコロナ禍で閉業する店舗も多く、昔ほどの賑わいもなく、
食べ物は高いしで行ってもつまらないと思う。
それでも観光客は喜ぶ場所かもですが、正直言っちゃうと
福井のさかな街や石川県の近江町市場の方が見ていてワクワク
するし商売も上手いんだよね。断然あっちの方が楽しい。
負けてるぞー、焼津。

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_001

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_002

焼津をアピールするポスター。
焼津港、浜通り、小泉八雲、花沢の里、
マグロやカツオ、鰹節に桜えび、黒はんぺん等の練り製品。

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_003

お店の人たちは、私みたいにガス展の招待状を手にした
いかにも地元民とわかっている人には声をかけてきません。
まぁ知っているけど、どこの店も商品が高いね。
観光客は「値引きしてくれる!」と喜んで大量買いしていく
みたいですが、表示されている値札は値引き前提として最初は
高めに設定されているんじゃないかな。
値引きをされてやっと普通の価格になる…みたいな。
観光客のフリをして値引き交渉の実験をした事があったけど、
取り決めでもあるのだろうかと思う程どこも同じような価格と
値引き設定。安くしてもらったように感じるのは恐らく錯覚。

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_004

こんなガチャの機械があったので写真に撮ってみた。
本当に当たりが入っているのだろうか?
博打と同じゲームに貴重な千円を溶かすわけにはいかない。
こういうのは酒に酔った勢いの時でないとぶっこめないや。

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_005

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_006

ウチに送られてきた招待状を持ってガス展へ。
営業トークをかましてくるTOKAIの社員をかわしつつ、
くじを引いたりアンケートに適当に答えて景品をいただき
最後に牛肉ゲット。モザイクタイルのフォトフレームか
クリスマスリースを無料で作らせてくれる券まで頂いたので、
フォトフレームを選択して作ってきた。いや、作ったというか
タイルをフレームに貼り付けただけの簡単なものですが。

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_007

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_008
※上2枚の写真は帰宅後に撮影。

外の売店で「まぐろメンチ」を食す。
ひとつ180円。ソースをつけて食べました。
↓2014年にも紹介したけど8年前は100円だったんだよね。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-478.html

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_009

20221118_焼津さかなセンター_ガス展_010

メンチを食べていると「調査員」の腕章をしたおばさんが。
何やらさかなセンターに関するアンケートをとっているそうで
今日はどちらから?と尋ねられ「おもいくそ地元民です」とw
忖度無くダメな部分や改善して欲しい部分を答えたあと、
「観光客にばかり頼らず地元民が普段からぶらっと来たくなる
ような施設に変わってくれると嬉しいんですけどねー」
と伝えると、調査員さんが「うーん、アンケートは何回も実施
しているんですが…なかなか変わりませんねぇ…」
と仰っていた。さもありなん。

私、この記事ではdisりまくってますが、さかなセンターには
観光客ばかり相手にしていないで地元民からも愛されるような
もっと魅力的な施設に変わって欲しいと思っているんですよ。
何かが足りないので本当に頑張って欲しい。


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッといただけると嬉しいです。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2022年11月17日 (木) | 編集 |
耐震診断だけしてもらってもその先が困るんだよね。
「この家危ないですよー」って判定されるのは確実だけど、
危険判定された後はどうしたらいいんだよと。

自分が現在住んでいる家は一見外からはわからないが
昭和に建てられた家でいまだ耐震対策がとられておらず、
多分、この先大地震が来たら潰れてしまうんじゃないかなと。



離婚前は、ゆくゆくは実家を耐震設計にしてリフォームして
みんなで暮らそうと私の頭の中ではそう考えていたのですが
それももう出来ない。
側で見ている人でないと事情はわからないでしょうけれど、
生活が一変して以降色々な事がありすぎて、半分ボケ始めて
急にヨボヨボしてきた親の面倒を見ながらで将来不安すぎる。
ウチはお金持ちじゃありませんし、生活するだけで手一杯。
耐震するお金もリフォームするお金もないので諦めています。

耐震補強工事に助成金が出るそうだけど、ジジババだけの家と
そうでない家で金額も大きく変わるそうだしね。

自由に使うお金?…そんなものあったら苦労しないよ。
(苦しい気持ちを埋める為の娯楽にほんの少し使えるくらい
しか無く、あとは生活費と病気の治療費検査費で消えます)
面倒を見る親もなく苦労もなく毎日暮らしていけるだけのお金
を稼げる人が羨ましいよと愚痴ってみる。

生活にゆとりがある家にはわかるめぇ。

私自身が死んだところでもう悲しんでくれる人も居なく、
私を必要としてくれる人も居ないし、何の使命もなくただ生き
何の価値もない私一人が潰されて死ぬならまだしも、
家には死ぬ必要のない親も一緒に暮らしているので困ったな。
ただ潰されるならまだしも、その後に火でも出たら生きながら
焼かれてしまうんだろうかと想像すると、例え腹括っていても
ガクブルだね。死ぬ覚悟は出来ていても生きながらに焼かれる
覚悟は流石に無理っすわ。家が潰れるまでいかないとしても、
中途半端な半壊でも困るんだよなぁ。


ブログに訪問ありがとう。
応援を拍手ポチッとして同情してくれるだけでありがたいッス。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記