fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2023年03月14日 (火) | 編集 |
2023.3.14 参拝 
焼津市東小川に鎮座する「熊野神社」にやって参りました。
御由緒等、随分前に紹介しましたが再度新しく。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_001

神社へ続く参道。
むかしむかしはこの周りには田んぼだけで何もなく、
鳥居の場所には「かぶと松」と呼ばれた松がありました。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_008

短い参道を進んで到着。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_002

20230314_焼津市東小川_熊野神社_003

熊野神社 
御祭神/伊邪那美命・速玉之男命・事解之男命
----------------------------
 源長宗第二十六代の後胤長谷川元長大永六年(1526年)
紀伊にのがれ熊野三社を勧請して帰り社殿を造営して奉斎
以来この神を産土神と仰ぐ


---------------(熊野神社 境内案内板より)

下の写真は、熊野神社社殿に隣接する摂社「那閉神社」。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_004

那閉神社
御祭神/事代主命・宇氣持之命・須佐之男命
----------------------------
 当社の創建は古くその年月は不詳永年小川の産土神として
崇敬されて来たが熊野神社が創建されてより摂社として祀る


---------------(熊野神社 境内案内板より)

続いて那閉神社の前に鎮座するお社。
写真向かって左手側が宗像神社、右が津島神社と稲荷神社。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_005

----------------------------
宗像神社御祭神/市杵島姫命 
津島神社御祭神/須佐之男命 
稲荷神社御祭神/宇迦御魂神
 

----------------------------

熊野神社拝殿向かって右手側に「小川御霊神社」。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_006

20230314_焼津市東小川_熊野神社_007

小川御霊神社 
----------------------------
小川出身の英霊を祀る

---------------(熊野神社 境内案内板より)

小川御霊神社の背後に立つ御神木。
幹の周囲3メートルの楠。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_009

下の写真は熊野神社御本殿裏手側。
小泉八雲に関するこんなエピソードが残されています。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_010

20230314_焼津市東小川_熊野神社_011

----------------------------
小泉八雲一行 熊野神社でアッチッチ…
 明治35年夏 八雲は焼津神社からお地蔵さん(海蔵寺)へ
行く途中、熊野神社へ立ち寄りました。その頃の熊野神社は
ジメジメとした土地で、足の踏み入れ場もないほどに熊笹と
雑草が生い茂り、ようやく5.6寸幅に社殿を巡る径が残され
ている有様でした。
 篠竹でくもの巣を打ち払いながら乙吉が先頭に立ち、
その後ろを八雲、長男一雄、書生の奥村が続きました。
社殿の真後まで来たとき、乙吉と奥村がアッチッチと顔色を
変えて飛び退きました。
 しかし、八雲と一雄には何も感じられませんでした。
不思議に思った八雲は周囲をしきりに探索しましたが、
結局何も発見できませんでした。
 焼津には地下にメタンガスがあると言われており、あるいは
そのメタンガスが地上に出てきて燃えたのかもしれない。
乙吉はこの時のことを思い出しては「あれは魔だノオ」と
怖しがっていました。


--------------(熊野神社 境内案内板より)

コレと同じ内容の案内板が鳥居の場所にあったので、
ついでに貼っておきますね。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_012

熊野神社の御朱印は十月十六日、十七日の両日は熊野神社の
社務所にて受付。それ以外は終日焼津神社の社務所にて受付
するそうです。

20230314_焼津市東小川_熊野神社_013


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッといただけると嬉しいです。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2023年03月14日 (火) | 編集 |
2023.3.14 参拝 
小川港近くにある「石津水天宮」にやって参りました。

20230314_焼津_石津水天宮_001

大量祈願する漁師さんにも崇敬される神社ゆえ錨が奉納され、
参道脇に狛犬のように鎮座しています。

20230314_焼津_石津水天宮_002

20230314_焼津_石津水天宮_003

こちらは石津水天宮の拝殿。

20230314_焼津_石津水天宮_004

石津水天宮
http://www.city.yaizu.lg.jp/rekimin/bunkazai/mukasibanasi/folktale_06.html
御祭神/言仁尊(第八十一代安徳天皇)
----------------------------
 安徳天皇は治承二年(1178)高倉天皇の第一皇子として
お生まれになり平家一門に奉せられ生後一ヶ月で皇太子、
三歳で天皇に即位されたが文治元年(1185)壇ノ浦の源平の
戦いで敗れ平家一族に抱かれて海中に入水、御歳八歳で
平家と運命を共にされました。

神社歴
 当社は江戸の久留米藩邸に祀られていた水天宮様を江戸深川
の材木商信濃屋の主人野口庄三郎氏が勧請し、
文久元年(1861)石津の地に奉斎されたのが始まりで、
明治十四年野口氏らの寄進により現在地に社殿が建立され後に
公式の神社となり祭典や神社の運営が石津の人たちに委ねられ
ました。石津水天宮は漁業基地という立地もあって地元は
もちろん近隣の漁業者から海難除去、豊漁への願いが込められ
発展して参りました。
 現在の本殿は昭和三十五年(1960)
拝殿は昭和十五年(1940)、それぞれ地元民や崇敬者の寄進
により建築され、平成十二年(2000)には水天橋の架替工事
に伴い境内の代改良が行われました。
 水天宮は古来から「安産」の信仰が篤く久留米水天宮
東京水天宮と同じく当水天宮に於いても「安産御守」を頒布し
毎月の御祭りの際には御守受領者の方のお名前を祝詞し
安産祈祷を行なっております。

祭典日
初水天宮祭 一月十五日 月次際 毎月五日但し九月は一日
例大祭 四月五日 大量祈願際 一月五日 四月五日

--------------(石津水天宮 境内案内板より)

以下、石津水天宮その他境内社(詳細不明)。
下の写真は拝殿に向かって左手側のお社。

20230314_焼津_石津水天宮_005

続いて拝殿向かって右手側のお社と納札所。

20230314_焼津_石津水天宮_006

裏を見たら昭和三十六年四月とありました。
御本殿を建てた時の記念の石碑かと思われます。

20230314_焼津_石津水天宮_007

御神木の「梛(なぎ)」。

20230314_焼津_石津水天宮_008

水天宮御札授与所に御用のある方は、神社の鳥居を出て川沿い
を左に進んで二軒目の鈴広商店で受付をするそうです。
(2023年現在。安産祈願・神苻・御守・御朱印など)


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッといただけると励みになります。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報