fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2023年11月28日 (火) | 編集 |
2023.11.28 探訪 
焼津市内に「ケンジョー」という名の昭和レトロで懐かしい
感じのケーキを売っているお店があります。
気になっていたので、買いに行ってみる事にしました。

20231128_ケンジョーのケーキ_001

モンブランは310円でしたがサバランやチョコレートトルテ、
クリームチーズやブルーベリーケーキなど他のケーキが260円
だったり、一口サイズのプチケーキが何と120円だったりと
気軽に買い求めるには嬉しいお値段。写真に撮り忘れたけど、
昭和世代には懐かしいあの「たぬきケーキ」も260円。

20231128_ケンジョーのケーキ_002

アントルメ2個セットは1200円。
薔薇のほかヨークシャテリア、ゾウさん、ウサギさん。
伝わりづらいかもですがこんな風にクリームだけで表現された
ゆる可愛い動物の立体モノケーキって昔はいっぱいあって、
子供の頃に大好きだったんだけど、今絶滅状態なのは悲しい。
でもココに来ればあの頃の思い出に会える。

20231128_ケンジョーのケーキ_003

ゆる可愛いプチケーキ。子ダヌキもいる。
これが何種類かセットになって売られている物もありました。

20231128_ケンジョーのケーキ_004

20231128_ケンジョーのケーキ_005

じゃじゃーん。
買っちゃった♪(´ω`*)


20231128_ケンジョーのケーキ_006

たぬきケーキ1個・プチケーキの子ダヌキとゾウさん各1個、
このみっつでお値段なんと500円(税込)。

20231128_ケンジョーのケーキ_007

大好きなバタークリーム♪
昭和のケーキってこんな感じだったよな。懐かしい。
私の思い出の中のたぬきケーキは、耳までチョコはかかって
いなかったけれど、まあ一応コレはコレでアリかな。

ケンジョーさんのタヌキケーキ、
胴体はカップケーキではなくチョコレートっぽい生地。
耳はアーモンドではなくクッキーでした。
冷蔵庫で冷やしすぎるとガワのチョココーティングが
コチコチになるので要注意。

20231128_ケンジョーのケーキ_008

住宅街の中で細々と営業しているケンジョーさん。
今どきのオシャレでキラキラしたスイーツ屋なんかとは違い、
昔懐かしの優しき味わいのケーキ…本当大好きです。
こういうお店こそずっと変わらず続いて欲しいと願うのは
きっと私だけでは無いハズ。

調べるとお店は今年で43年目とのこと。
いつまでも頑張っていただきたい。

美味しかったです。ご馳走様でした♪

本日紹介したお店はこちら。
----------------------------
パティスリー ケンジョー
住所/静岡県焼津市道原1179-2
電話番号/054-623-3133
営業時間/9:00〜20:00
定休日/木曜日

※店舗情報は2023年11月現在のものです。
----------------------------

【余談です】
今営業しているご夫妻で途切れてしまうのではと心配でしたが
「孫が継いでくれる」と店の奥様が発言していた動画を
YouTubeにてキャッチ。作り方や味そのままを引き継がせる為
スポンジから何から全部教えているらしいです。
願わくば、後継者のお孫さんがこの昭和の味と雰囲気に
変なアレンジを加えたりせず上手に引き継いでくれたら嬉しい。

★関連過去ログ
たぬきケーキのお話はこちら。
吉田町の「たけうち」というお店もオススメ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1521.html


ブログに訪問ありがとう。
「お!良さげなお店だね」と思った人、拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
2023年11月28日 (火) | 編集 |
白菜の水分だけで作るカレー。
参考にしたのは料理研究家リュウジというかたのレシピ。
https://tuberecipe.com/recipe/5975/detail



全部を真似しないで、あくまで参考程度に…
私が作ったのは豚バラではなく豚こまを使用。
敷き詰め方もちょっとだけ変え、白菜と肉だけじゃ面白くない
ので、ついでに玉ねぎとしめじとじゃがいもを追加しました。

【作り方】
1:白菜の芯の部分を斜め削ぎ切りにしたあと、
 フライパンに敷き詰める→続いて葉の部分(半量)を敷く→
 その上に玉ねぎとしめじを敷き→豚こまを乗せていく→
 残り半量の白菜の葉をかぶせ→中央にバター10g。
2:酒大さじ5、砂糖小さじ1弱、にんにくチューブ少々を
 溶いたものを回し入れる。蓋をして弱火20分。
3:フライパンを火にかけている間、じゃがいもの皮を剥いて
 ひとつひとつをラップで包んだあとにレンジでチン。
 ホクホクになったら小さく切っておく。(↓4に続く)

ザクザク切ってフライパン盛り盛りにした白菜は、
火にかけ20分経つと水分が出てこうなります。
水が足りないなーと思ったら追加しよう。

20231127_無水白菜カレー_001

4:軽く混ぜ合わせたあと、カレールーを包丁で刻んで投入。
 レンチンして切っておいたじゃがいもを入れ、
 弱火でコトコトしながらルーを混ぜ溶かし、
 ウスターソースを隠し味にする。
5:味がキマったら出来上がり。

20231127_無水白菜カレー_002

白菜たっぷり具沢山カレーの完成♪
山盛りお皿に盛り付けていただきまーす。


20231127_無水白菜カレー_003

結構上手く作れたと思います。
お水を使わないカレー、皆さんも如何でしょう。


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッと頂けると励みになります。
関連記事
テーマ:おうちごはん
ジャンル:グルメ