fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2023年12月17日 (日) | 編集 |
ただの愚痴
なので見たくない人はスルーしてね。

……良いかな?

………良いですね?


では独り言開始。

確実に言った事を「私そんな事言ってない」という母親。
2〜3分前の事も「言ってない」と無かった事にする母親。
こちらが言ってない事を「言った」と主張する母親。
起きた出来事を自分の頭の中で都合よく変換して人のせいに。

何かあってからすぐ「あぁ、ごめんね」という言葉が出ずに、
「こうだもんああだもん」「デモデモダッテ」が始まる母親。
「なぜ最初に謝れないの?」と問われてから初めて
「はいはい私が悪う御座いました。コレでいいでしょ?」
と自分は何も悪いことしてないという態度をとりながら、
「もう謝ったからイイでしょ!」「謝ったのに許さないの?」
…って、そういう問題じゃ無いんだよ。
なんだよその言い方。

単純に、ダメな事はすぐに謝れる親になって下さい。
お願いだからゴメンねって素直に謝れる人間になって下さい。


そうやって頭を下げ何度も何十回も何百回も懇願しているのに
「あんたがこう言うから、ああ言うから」とまた責任転嫁
話のすり替えも得意な母親。思ったフレーズをすぐ口に出し、
何故そんな事言うの?と問われて自分に都合が悪くなると、
「アタシ知らないモン」「聞いてないモン」が始まる。
何度も説明した事すら無かった事にする)
確実に母がやった事だとわかっている事もそれを問うと、
「アタシじゃない」と嘘をつく。→後に白状。

自分を弱く見せ自分の悪かった部分を隠し、関係のない第三者
に取り入り味方につけ、水を得た魚のように元気になりながら
その人の口を介して「ほらほら、言ってやんな」みたいに
口撃させようとするのも昔からの得意技

昔からこんな母の性格が嫌だから「改めて下さい」ってお願い
をしているのに「育ててやったのに」「面倒見てやったのに」
「これしてやったのにあれしてやったのに」の恩着せ。
半身の自由があまりきかなくなった父に対しては、
「いったい、誰が面倒見てやってると思ってるんだ」と。
何でもかんでも「アタシが」「アタシが」で自分の事ばかり。
嫌だからもうやらないでと何度もお願いしてる事に対しても、
「良かれと思って“してやった”」「有り難いと思わなきゃ」
という押し付け。

娘に寄り添い抱きしめる事も出来ない母親。
自分の気持ちをわからせる為なら、娘の気持ちはえぐって良い
みたいな態度をとってくる母親。私の子供の頃の思い出の品を
ゴミ扱いする母親。


これを毒と言わずになんという。昔からずっと我慢してきた。
「思ってたんならなぜ子供の頃に言わなかったんだ」
と母親が言ってきたから「言ったら家の中がぐちゃぐちゃに
なるのが嫌だから言わずに我慢してたんだよ」と返すと、
「(妹と違って)アンタは反抗期がなかったのに!」
「(妹と)同じように育ててきてやったのに!」
ときたもんだ。このやり取りも何十回と繰り返してる。
子供の頃は、アナタの嫌な部分にはずっと黙ってきたんだ。
アナタが妹と同じに育てた結果がこんなので悪かったな。
今になって私、堪忍袋の尾が切れたんだよ。
何回何十回と言ってわかってるハズなのにいつまで同じ説明
をさせようとするのか。

母に関するおかしな事はまだいっぱいあるが書ききれない。
頭変になりそう…っていうか多分なってる。


こんな人を母親と思いたくない。
まるでどこぞの民族みたいで気持ち悪いし吐き気がする。
離婚して実家に戻りズタボロになった心を治してから心機一転
スッキリした気持ちでやり直そうと頑張っているのに、
母親が私の心をえぐってくる。こんなんじゃいつまで経っても
傷が塞がらない。

うちの事情を知りもしない人がこういう愚痴を聞くと、
お母さんはか弱いんだから大事になよって感じなんでしょうが
そうじゃないんだよ。もう一度言うが、昔から母は自らの
都合の悪い事実は全て隠して
人に話す。
自分をか弱く見せて「娘が悪い」「アタシ(親)が正しい」
という事にするのが得意。もう嫌で嫌でたまらない。

外で母娘が仲良さそうにしている光景や、私の心に寄り添って
くれるようなあったかい言葉をかけてくれる人がいると、
他の家の「お母さん」が羨ましく感じる時があるよ。


こんな母親いらない。
虚構のお母さんでいいから、
「お母さんらしいお母さん」が欲しい。


【余談です】
「母親になれば気持ちがわかる」って決まり文句言う人いるが
例え親が間違っていたとしても、親であれば全て正義か?
どんな事情があっても子は悪で親が全て絶対か?
お前は娘なんだから全て我慢しろと?
“人の気持ちに立てない母”の性格がああだから私はあの言葉が
大嫌いだった。私には子も居ないしな(出来なかった)。
仮に私が子供の親になったとしてもああはなりたくない。
「母」にはなれなかったけど、人でありたいよ。


ブログに訪問ありがとう。
今日は独り言の愚痴につきコメント欄は閉じておく。
拍手をそっとポチッとだけしていってくれたら嬉しい。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記