定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2016年01月10日 (日) | 編集 |
検索でいきなりここにたどり着いて、
その1から読んでいない人はこちらからどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1041.html

続いては日本武尊のでっかい銅像が立つ場所へ。
奥宮遥拝所の石段からすぐ側にあります。

20150722_mitsumine_009.jpg

うおぉぉぉ!
テンション上がってきたぁぁぁぁ!


20150722_mitsumine_010.jpg

おおぉぉぉ!でっけぇぇぇぇーー!

20150722_mitsumine_011.jpg

(=゚ω゚) 「先生、うるさいでーす」
(;´Д`) 「神社では静かにしようよー」
SERUNA:「…はっ!スマン、つい興奮してだなw」

遥か昔、日本武尊が三峯山を登り、
国中の地理を見渡したという事なのです。
銅像の周りをぐるぐるーっとしてみましょうか。

20150722_mitsumine_012.jpg

20150722_mitsumine_013.jpg

20150722_mitsumine_014.jpg

20150722_mitsumine_015.jpg

ここに立つ日本武尊の銅像は、昭和45年10月16日に建立。
地上15m、重さ3トン、高さ5.5m。彫刻家の法元六郎による作。
(案内板には5.5mとありましたけれど、公式サイトでは5.2m
になっていますね。どちらが正しいんでしょう??)

カッコいいですねー。以前来た時は周囲真っ白な世界で、
そのお顔を拝見する事が出来なかかったのです…
この日はしっかりと拝む事が出来ましたよ。(´∀ ` *)

SERUNA:「ここまで登ってくるとか、
     彼はきっとバッキバキに腹筋割れ(以下略)」
(=゚ω゚) 「妄想やめて、もう大人しく黙っていてください」

続いて、前回参拝した時は通行できなかった随身門。
近づいて見ると、どデカイです。

20150722_mitsumine_016.jpg

20150722_mitsumine_017.jpg

-----------------------------
元禄4年(1691年)建立。
昔の仁王門にあたり、明治初年仁王像は鴻巣の勝願寺へ移され
ました。現随身門は寛政4年(1792年)再建されたものを、
昭和40年(1965年)春 改修。扁額は増山雪齋の筆跡になります。
当初は青銅鳥居(拝殿正面)付近に建立されていたという記録が
伝えられています。


----------------(三峯神社 公式サイトより)

下の写真は『増山雪齋』筆跡の扁額。
とても力強い文字ですね。

20150722_mitsumine_018.jpg

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1046.html


いつも応援ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック