定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2016年02月08日 (月) | 編集 |
検索でココに来ちゃった人は、その1から読む事をオススメ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1058.html

続いておまけ的にあれこれ紹介。
ざっくりとね。ざっくりといきますよー。

下の写真は建部大社と日本武尊が描かれている、
昔の千円札について。http://takebetaisha.jp/about/bill/

20150805_takebetaisya_025.jpg

-----------------------------
「幻の千円札」
昭和二十年八月、日本で初めて作られた千円札。
当時の最高額紙幣として発行されました。
図柄は御祭神である日本武尊と当社の本殿が使用されています。
発行された枚数が極めて少なく幻の千円札といわれています。


----------------(建部大社 境内案内板より)

次は建部大社に奉納された県内最古の石灯籠。
文永七年庚午と彫があり、蒙古来襲の時代に国家安泰を祈願し、
建立された石灯籠といわれています。

20150805_takebetaisya_026.jpg

続いて下の写真は『絵馬所』。
皆の願いが書かれた絵馬が沢山並べてあります。

20150805_takebetaisya_027.jpg

『神宮遥拝所』。
伊勢神宮の方角に向かってお参りをする場所です。
彌栄の御神木が置かれています。

20150805_takebetaisya_028.jpg

20150805_takebetaisya_029.jpg

-----------------------------
 彌栄の御神木(産霊の樹)
この御神木は建部大社の大神様の御神威のまにまに幾百年の
永い星霜の間彌栄え繁昌を続けた境内林中唯一の有難い御神木
の松根であります。この御神木のように逞しく彌栄えまして
皆様の御家庭が一層開運発展されますようお祈り下さい。


----------------(建部大社 境内案内板より)

お稲荷さんもあったりするのですが、そちらは省略。
そのお稲荷さんの隣にあるのが『大野神社』。

20150805_takebetaisya_030.jpg

-----------------------------
大野神社
建部大社がこの瀬田の地へと遷し祀られる以前、この地域の
地主神として祀られていた神社です。祭神 草野姫命がお祀り
されています。 氏子の方々は本殿に続き、必ず参拝される
特別な神社です。


----------------(建部大社 公式サイトより)

続いて『桧山神社遥拝所』。

20150805_takebetaisya_031.jpg

-----------------------------
 桧山神社遥拝所(桧山神社旧本殿)
この神社は境内御旅山に鎮座し、御祭神 伊邪那美命・大山祇命
・息長足姫命・竹内宿弥大臣・住吉大神を祀り、元熊野神社・
山神社(七ヶ所)・鞭指神社の御祭神を合祀して桧山神社を改称
された。平成七年四月本殿改築に伴い江戸時代建立の本殿を解体
修理をしてこの地に移築し遥拝所として保存する事となった。


----------------(建部大社 境内案内板より)

次は境内にある珍しい石灯籠。
説明を読むと、細かい部分までじっくり見たくなりますよ。

20150805_takebetaisya_032.jpg

-----------------------------
 小燈籠 
禁教時代の織部型キリシタン灯籠と精査されている。
大友氏と関係深いラテン語の三文字が刻まれた下に南蛮服を
まとい、靴をはいた西洋人の姿が見受けられる。
大燈籠と同じ由緒により大小燈籠と一対でこの場所に移築した。
同型のものが京都北野天満宮三光門脇に建立されている。


----------------(建部大社 境内案内板より)

建部大社、とても良い神社でございました。


いつも応援ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック