FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年04月02日 (水) | 編集 |
千引岩がある所から、駐車場にチラッと目をやると、
ウチの母と同年代くらいのご婦人がこちらを見てニコニコしている。
…あ、地元の人っぽい。また方言で話しかけられたらどうしようww
と、そんなことを思いつつも、でもやっぱり何だかんだで地元民との
コミュニケーションは大好きなのでちょっとワクワクする。


ご婦人:「もしかしてこの車で来たの?静岡から?」
SERUNA:「あっ!はい、静岡からです(良かった!方言じゃ無いw)」
ご婦人:「あらまぁー!凄いわねぇ、時間かかったでしょー」

このかた、ここの超ご近所に住んでいる人で、
毎日このへんに散歩に出掛けては、時々旅行者に出会うと、
イザナギとイザナミの物語について説明をするのが好きなんだそうだ。

20140316_黄泉比良坂_002

記紀とはまったく関係無い話だけど、脇にあるこの池、
むかし地域の人でたくさんの鯉を放流した事があって、本当はもっと
住んでいたのだけど、鳥が鯉を食べてしまって、今は数匹しか泳いで
いないらしい。言われてみれば確認できるだけでこの時、紅と白の
二匹だけしか見つけることが出来なかったです。

色々雑談をしながらでしたが、
この山には千両や万両と名のついた植物があって、これらは合わせて
揃えて正月に飾る縁起物だということを説明して下さいました。
参考リンク→http://www.azami.sakura.ne.jp/hana/zoku/manryo.htm

さて、少し話を元に戻して…

20140316_黄泉比良坂_007

まずは駐車場側からの道。
この道を進み、山道を真っ直ぐ進んで行くと小石が積まれた場所に、
『塞の神』と言われる道祖神があります。

ここは、塞の神という神様が、イザナギを追うイザナミの前に立ち
持っていた杖を投げて(置いて)「ここから先へは行っていけない」
と言われた場所だそうです。古事記にその『塞の神』は出てきませんが、
日本書紀ではこの神について触れられています。

20140316_黄泉比良坂_008

塞の神は道祖神。人間に襲いかかる悪霊や災難に立ち塞がって、
人間を守ってくれる神様。その昔このあたりでは、塞の神の前を通る時
には石を置いていくという習慣があったそうで、今でもこのようにして
少しづつ積まれた石が残っているのだと仰っていました。

20140316_黄泉比良坂_009

写真の左側に『塞の神』が祀られています。

そういえば、この山の上の方には更に不思議な石があるとか。
ご婦人は登って行ったことが無いので詳しくは知らないらしいけれど、
黄泉比良坂の保存会の人が詳しいと教えてくれました。
「今その人が居れば良かったんだけど…」と残念そうにしていた。
いえいえ、その情報だけで充分。

「じゃあ、私はもうちょっと散歩して行きます。良い旅を♪」
と私たちに言って、塞の神の前でお別れをしたご婦人、
次のコースに行こうと黄泉比良坂を後にした道でまた再会w

SERUNA:(車の窓を開け)「さっきはありがとうございましたー」
ご婦人:「あらぁー、あははwまた会っちゃったww
    これからどちらへお参り?揖屋神社へ向かうの?」
旦那:「そこは前に参拝したので今から美保関へ行こうかなって。
    美保神社をお参りして、そしたら静岡へ帰ります」
ご婦人:「あそこは恵比寿様よね。櫂を落としてサメに噛まれたw」
SERUNA:「で、鶏と卵が大嫌いになっちゃうんですよねw」
ご婦人:「そうそう!あらま、よく知っていらっしゃる。
    こないだまであの地域は、卵を口にしなかったのよね」
(※こないだと言っても、数十年前までの出来事かと)

ご婦人:「すごくいい所よー。楽しんでいってね♪」
SERUNA:「ありがとうございまーす。お元気でー♪」( ´ ∀ ` )ノ

こんなやりとりがあったりして、楽しかったですよ。
美保神社の事代主神(恵比寿様)がサメに噛まれたお話はまた、
美保神社のエントリーでお話致します。(記事:©SERUNA)

【追加情報として…】
『黄泉比良坂』の場所はここ。マップ中央、池があるあたりです。
9号線から車で行けます。→詳細:Googleマップ

じめっとした場所でちょっと怖いかもですが、
付近が整備される前はもう少し薄暗くて怖い場所だったそうな。


《旅のコースについてはこちらをどうぞ》
二泊三日の島根旅
関連記事
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック