定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2016年09月27日 (火) | 編集 |
出雲大社に鎮まる大国主さんは、
イケメンでモテモテな神様として知られておりますが、
古事記にはこんな物語がありますよーという事で紹介してみる。
文字だけではつまらないので、数年前に作った古事記の漫画
からちょこっとだけコマを抜き出して貼りますので、
多少は楽しく記事を読む事が出来ると思います。
(ペン入れはしておりません、ゴメンなさい)

さて、今回の記事は『八千矛』。
現代の一般人の価値観ですと「浮気ダメ、ゼッタイ」なのですが
昔は一族繁栄のための「一夫多妻」は当たり前の事でした。
(当然、神様にも奥さんが沢山いたのです)ちなみに『八千矛』
というのは、大国主さんの幾つもあるお名前の内のひとつです。

SERUNA:「今から話す物語はそれはもう官能的な……」
(=゚ω゚)「…えっ…官能……」


-----------------------------
因幡国で兎を助け『八上比売』というお姫様と結婚をしたのち、
スサノオの娘『須勢理毘売(スセリビメ)』との結婚を許された
彼は、更にスセリビメを正妻として迎え入れやってきます。
正妻であるスセリビメの嫉妬が怖かったのか、八上姫は正妻に
遠慮をして、子供を置いて実家へ帰ってしまいました。


201609_kojiki_SERUNA_001.jpg

ある日、恋多き八千矛(大国主)は、
高志国(越国。現在の北陸地方)に沼奈比売(ヌナカワヒメ。
奴奈川姫)という大変美しいお姫様がいると聞き「結婚したい」
と思い、はるばる越国まで求婚をしに出掛けるのですが、
彼女はなかなかその戸を開いてくれませんでした。
どうしても彼女が恋しい八千矛は、そこで歌を詠んだのです。


201609_kojiki_SERUNA_002.jpg

「八千矛神は大八洲国(日本)で妻を娶ることができず、
遠い越の国に賢くて麗しい女性がいると聞き求婚をしに出掛け、
求婚をしに通った。太刀の紐も解かず、服もいまだ脱がないうち
乙女が寝ている家の戸を、何度も押しあぐみ私は立っている。
何度も戸を引きあぐみ私は立っている。
青山に鵺が鳴いた。野では雉が騒いでいる。庭にいる鶏が鳴き、
暁を告げ始めた。なんと怨めしく鳴く鳥だろう。
もう恋焦がれて死んでしまいそうだ。あの鳥どもを打ち殺して
鳴き止ませてしまいたい。天を駆ける使いの鳥よ、
このことを語って伝えよう」


201609_kojiki_SERUNA_003.jpg

それを聞いたヌナカワヒメは、
戸を開けないまま家の中から大国主に歌で返しました。

「八千矛神よ、私は萎え草のようなか弱き女にすぎません。
私の心は浦の渚に住む鳥です。今は私の心のままにしていますが
いつかはあなたの鳥となるのですから、その命だけはどうか
殺さないでいてほしいのです。天を駆ける使いの鳥よ、
このことを語ってお伝えいたします」


201609_kojiki_SERUNA_004.jpg

さらに彼女は歌います。

「青山に日が沈むと、やがて暗い夜がやってきます。
あなたは朝日のような笑顔を見せておいでになり、
栲綱のような白い腕や、淡雪のような私の若々しき胸を、
そっと撫でたり触れたりして愛し、玉のような私の手を枕にし、
脚をのばして、いつまでもお休みになられる事でしょう。
焦って私に恋い焦がれるとおっしゃらないでください。
八千矛神よ、このことを語ってお伝えいたします」


201609_kojiki_SERUNA_005.jpg

結局、八千矛(大国主)はこの夜、ヌナカワヒメに会う事が
叶わなかったのですが、次の日の夜に逢って愛し合い、
二人は結ばれる事となるのです。


201609_kojiki_SERUNA_006.jpg

-----------------------------

(* ´ Д`)「……なんかエロちっくですね」
SERUNA:「でね、この歌で驚くのが大国主さん…歌のはじめに
  本当は奥さんがいるのに、“私には奥さんがいないんだ”
  くらいのアピールをしているっていうのがもうねw」
(;^ω^)「現代だったら炎上物件ですなw」

大国主さんが奴奈川姫に贈り、
奴奈川姫が大国主さんに返した歌は別の解釈もあるらしい。
おまけとしてこんな漫画を置いておこう。

201609_kojiki_SERUNA_008.jpg

国を治める者としては領地を広げ、子も増やさねばならない。
ですが、たびたび他の女性の元へ出掛けてゆく大国主さんに対し
正妻であるスセリビメがヤキモチを妬かないワケがない。
そして大国主さんの色男っぷりと、スセリビメのツンデレっぷり
がこれでもかと押し出されるお話がこのあと更に続くのですが…

201609_kojiki_SERUNA_007.jpg

(=゚ω゚)「本妻さんのプライドってやつかな?」
SERUNA:「次はスセリビメのターンですよ」


★高志の国の奴奈川姫(イラスト付)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1387.html
★後編に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1390.html


あなたの応援がブログ継続の活力になります。
ランキングボタンや拍手をポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:イラスト
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
古事記歌謡の漫画と解説ありがとうございます。
私も今度の日曜日の勉強会で大国主命の話をするので、ちょうどこの歌謡の部分を読み直していたところです。

「ぬばたまの夜は出でなむ」には、「出でなむ」主体によって三様の解釈があるそうです。
 (一)八千矛神よ、夜になったらお出でください
 (二)夜になったら私は起き出て戸を開きましょう
 (三)夜がやって来るでしょう
SERUNAさんは、解説では(三)で、漫画では(二)で解釈していますね。
ちなみに、私は(三)の解釈が好みです。

打ち殺してしまいたい鳥が沼奈比売を指しているという解釈は面白いですが、少し無理がありそうです。
ここの部分は、
鵼→雉→鷄で夜更けから夜明けへの時間的推移を、
山→野→庭で山から人里への距離的接近を表しているといわれています。

後編の盞結(うきゆひ)の神語は私の大好きな歌謡です。
楽しみにしています。

自分の好きな話を漫画で表現できるなんて素晴らしいですね。羨ましいです。
2016/09/27(Tue) 20:00 | URL  | みすまる #-[ 編集]
Re: みすまるさん
こんばんは、いらっしゃいませ。
いつもコメントありがとうございます♪

古事記に関する様々な本を持っていますが、
人によって色々と解釈が違ったりで面白いですよね。
ちなみに三通りの読み方、私はどれもアリだと思っています。
(個人的に、漫画にす場合には全てを合わせ技で描いても、
よりドラマチックになるような気もするのですが…♪)

最後の4コマの解釈のされ方は、どこのサイトだったか、
はたまた何かの書籍で見たのかは忘れましたが、
そんな読み方をしている人がいました。私もこれには少し
無理があるなーと感じましたが「漫画的で面白いかも」
と思ったのでネタにしてみましたw

大国主さんと奴奈川姫、そしてスセリビメ。
このお話は、読んでこそばゆくなりますが私も好きです。
好きな物語を読んだり見たりすると「これを描きたい!」
って気持ちで心が一杯になって、つい夢中になって筆を
走らせてしまいます。何だかんだで絵を描く事が好き
なので性分なのでしょうね。
2016/09/27(Tue) 22:24 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック