FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2017年01月03日 (火) | 編集 |
今年は酉年という事で、こんな写真は如何でしょう。
秩父神社の社務所に置いてある彫像です。

※画像は2015年11月のものです。

20151117_chichibu_001.jpg

ココに来るといつもこのマッチョな鶏さんが気になってしまう。
私、別に『ケモナー』でも何でもないのですが、
この彫像好きなんですよね。なぜって妙に体つきがカッコいいから。
腰フェチなのでどうしても鶏さんの腰に目が行ってしまうw

SERUNA:「このくびれと骨盤まわり、たまらんなぁ…」
(=゚ω゚)「おまわりさーん、変態がいまーす」

20151117_chichibu_002.jpg

-------------------------------
「鳥総の鎮め」について 
 「鳥総」とは、梢や茂った枝葉の先の方のことを意味します。
木こりが木を切った時に、そのきりかぶに頂上の梢を挿し、
樹霊と山の神に捧げてその怒りを鎮め、木の再生を祈る「鳥総立て」
と呼ばれる俗習が、今も能登地方などに残っています。万葉集にも

鳥総立て 足柄山に船木伐り 木に伐り行きつ あたら船材を

と詠われている通り、その始まりは遠く神代にまで遡るものと
思われます。この彫像は、平成十七年に「自然の叡智」を主題として
開催された日本国際博覧会(愛・地球博)において、NPO法人・
社叢学会が中心となり出展造成した「千年の森」の中央に設置された
モニュメントであり、人間と自然との積極的な共存をテーマに製作
された作品です。

----------------------(彫像 説明文より)

当時のページをリンクしておきますね。
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E6/pav_081359.html

20151117_chichibu_003.jpg

神社へ移動しまーす。

以前、説明したと思いますが、秩父神社にある大好きな神使像。
向かって右の子が一番可愛くて好き。左の子も可愛いですよ♪
この子たちが大好きなので、秩父神社へ行くたびに撫でてしまう。

20151117_chichibu_004.jpg

20151117_chichibu_005.jpg

これを写真に収めた時期は11月。
銀杏の絨毯が出来ていて綺麗でした。

20151117_chichibu_006.jpg

20151117_chichibu_007.jpg


あなたの応援が励みとなっております。
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:埼玉県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック