定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2017年05月29日 (月) | 編集 |
2016.5.15 参拝 
※記事は去年参拝した記録です。

今回紹介するのは滋賀県の『兵主大社』。
鳥居の側に黄菖蒲の花咲く時期に行って参りました。
ちなみに、黄菖蒲の花言葉は「幸せを掴む」「信じるものの幸福」
…だそうです。

20160515_兵主大社_002

20160515_兵主大社_001

下の写真は兵主大社の『楼門』。

20160515_兵主大社_003

-------------------------------
県指定有形文化財 兵主大社楼門
       一間一戸楼門、人母屋造、檜皮葺
       附 翼廊 二棟  昭和四十一年七月四日指定
 昭和四十五年解体修理時に地垂木から天文十九年(1550)の墨書
を発見し、建立年代が明らかになった。下層の亀甲紋や巴紋のついた
蔓股には明和三年(1766)の墨書があって、この時は殆どの部材を
取替える大修理で、下層隅虹梁上の板蔓股以外の絵様彫刻は江戸後期
の様式に変えられている。その後も度々屋根葺替が行われ、
明治二十二年には両翼廊が再び大修理を受け、
屋根が桟瓦葺に改められた。後世の取替材が多数を占めているが、
当初の部材も各所に残り、全国的に遺構の少ない一間一戸の楼門と
して室町末期の建築様式をよく伝えている。

------------------(兵主大社 境内案内板より)

続いてこちらは『乙殿神社 天満宮』。

20160515_兵主大社_004

-------------------------------
乙殿神社 天満宮の御由緒
 豊臣秀吉が、天正十九年(1590年)九月、京都の北野天満宮に
おいて兵主大社の大鰐口(鐘)を千利休の釜師、辻与次郎に鋳造させ
奉納したとの記録が『北野社社家日記』に記載されております。
 当天満宮は、その折、京都の北野天満宮より勧請したと伝えられて
おります。
 天満宮は「天神さん」と親しまれ、特に学問の神様としての御利益
があらたかです。乙殿神社の本殿右側の社にお祀りされています。
兵主大社並びに境内末社の乙殿神社の御参拝にあわせてどうぞお参り
ください。

------------------(兵主大社 境内案内板より)

20160515_兵主大社_006

20160515_兵主大社_007

神社にはよく、御祭神と深い関わりのある神使像(動物など)が境内
にあったりするのですが…「なぜ亀さんが?」と思った人に説明。
兵主大社の御祭神『八千矛神(大国主神)』は大津の日吉大社より
亀に乗って琵琶湖を渡り、次に鹿に乗ってこの場所にやって来られた
という言い伝えがあるから。兵主大社の御神紋は『亀甲に鹿角』。
あちこちの神社へ参拝しに行った時には、こういった部分にも注目
してみると面白いかも知れませんよ♪

★その2に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1668.html


いつも応援ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:滋賀県情報
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック