定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2017年06月16日 (金) | 編集 |
いきなり検索でこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1690.html

『日吉大社東本宮本殿』。

20160515_日吉大社東本宮_010

日吉大社 東本宮
http://hiyoshitaisha.jp
御祭神:大山咋神(旧称:二宮)
-------------------------------
 この本殿は、桁行五間、梁間三間、日吉造、檜皮葺の建物です。
日吉造は、一名を聖帝造といい、三間・二間の身舎の前面、両側面の
三方に廂がめぐらされた形をし、側面、背面が特徴のあるものと
なっています。この様式は、全国でも日吉大社のみ現存している形で
重要なものです。
 東本宮本殿は、西本宮本殿とほぼ同様の造りですが、背面の三間の
床が一段高くなっているのは、異なるところです。
 文禄四(1595)年に西本宮本殿に引き続いて復興された日吉造の
代表建築です。
 昭和三十六(1961)年四月に国宝に指定されました。

------------------(日吉大社 境内案内板より)

『龜井靈水』。

20160515_日吉大社東本宮_011

20160515_日吉大社東本宮_012

-------------------------------
 昔、ここには池があり、伝教大師参拝の折、霊亀が現れた。
占いによりここを閼伽井(仏様に捧げる水を汲む井戸)となし、
『亀井』と名付けられた。最名水也

------------------(日吉大社 境内案内板より)

日吉大社で育てられている『葵』。
ちなみにここ、日吉大社の御神紋は双葉葵です。

20160515_日吉大社東本宮_013

20160515_日吉大社東本宮_014

葵の側では、綺麗に澄んだ水が流れていました。

20160515_日吉大社東本宮_015

20160515_日吉大社東本宮_016

こちらは『大物忌神社』。

20160515_日吉大社東本宮_017

御祭神:大年神
-------------------------------
 創建は、天地開闢とも平安期創建とも言われています。
東本宮の御祭神である、大山咋神の父神様をお祀りしています。
お猿さんの顔をされた神様で、そのお姿は、山王曼荼羅にも描かれて
います。

------------------(日吉大社 境内案内板より)

…さて。東本宮を出て、西本宮へ向かいますよ。
楼門から真っ直ぐ進んでいくと大きな岩が鎮座しております。
この岩は『猿岩』と呼ばれるもの。

20160515_日吉大社東本宮_018

-------------------------------
 山王神使 神猿(まさる)さんが谷側を向き座るお姿で、
来る者に神縁をむすび去る者を見守ります。

------------------(日吉大社 境内案内板より)

お猿さんと言われると確かに形が猿っぽいかも?
そんなワケで、神猿さんに見守られながら歩いていきましょうかね。

20160515_日吉大社東本宮_019

★西本宮の記事に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1694.html


ブログに訪問ありがとう。
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:滋賀県情報
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック