定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2017年06月22日 (木) | 編集 |
メモとして置いておく。

--------------------
『靖国のことを語ろう』
小野田寛郎/中條高徳・WAC(株式会社ワック)発行
より抜粋。
http://web-wac.co.jp/book/bunko/556

中條:
遊就館で休憩所をひらいてほしいと頼まれたんですよ。
大会社に頼んで、あんまり”サラリーマン的なもの”になってしまうと
二百四十六万の神々に恥ずかしいから「日本の台所」を認じて必死の
経営を続けている「大庄さん(「庄や」「やるき茶屋」などの飲食店
チェーン事業を展開)に、神々に奉仕するつもりでやってほしいと
頼んで「結(ゆい)茶屋」と名付けたんです。

-いい字ですね。

中條:
その字に込めた思いはね、二百四十六万の英霊たちと今の日本人は
心が結ばれてない。結びたいという意味なんです。結納の「結」。
そしたら、神主さんたちが「中條先生、それでは呑み助がたむろして
いるみたいなイメージで……」というんですよ。
僕は、「あなたちがそう思うのはいいよ。でも、神主さんというのは、
神に仕える職業だろう?神様がどうすれば満足するかを自分の尺度に
置くべきじゃないのか」と言ったんです。商売人だって同じこと
ですよ。神職は、今生きている人の感情の物差しで判断するべきじゃ
ない、ということです。私は、小野田さんほど辛い思いをしてきた
わけじゃないが、英霊の気持ちは痛いほどわかる。

二百四十六万の人たちは、ビールも飲みたい、お酒も飲みたい、
水も飲みたいんですよ。それなのに浮き世の君たちが
「飲み屋はけしからん」なんて思うのは、神様の気持ちをわかって
いないと言ったんです。そしたらまもなく(アルコール類も)
置きますと言ってきた。僕、自分がビール屋だから、ビールも置いて
もらいたいなんてさもしい根性で言ってるんじゃないですよ(笑)。
英霊のお休み処にしてほしいだけなんだ。

------------------
追悼文 中條高徳さんを偲んで
http://www.daisyo.co.jp/whatsnews/whatsnew/index.php?news_id=323
※平成27年 1月 7日(リンク先:大庄グループ)

--------------------


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:保守主義
ジャンル:政治・経済
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック