fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2017年10月20日 (金) | 編集 |
タイトル通りです。
毎年言い続けているのですがそれまでにいつもストックが
なくなってしまい11月の新嘗祭までもたなかったりする。
だが、10月の神嘗祭さえ過ぎればOKって事で、
ウチではもう新米解禁。

(゚ω゚)「なんで新嘗祭まで新米ダメなの?」
SERUNA:「それはね…」

現在『新嘗祭』は「勤労感謝の日」という言葉に変えられて
しまいましたが、新嘗祭は天皇陛下が皇居の『神嘉殿』
において新穀を天照大御神をはじめとした神々にお供えをし、
神の恩恵に感謝なさった後、天皇陛下御自らもこれを
お召しあがりになる宮中祭祀を行う日なのですよ。

春には、収穫を祈願する『祈年祭』。
秋には、収穫を感謝する『新嘗祭』。

ざっくり説明すると11月の『新嘗祭』は収穫祭。
全国各地の神社などではこの時期、神様に収穫を感謝する
お祭りが行われていると思うのですが…
日本の風習といいますか、昔の人は新米はこれらのお祭り
を迎えて神様にお供えをしてからでないと口にしないもの
だったのです。

そして10月の『神嘗祭』というのは、
これもざっくり説明すると伊勢神宮の神様に
その年に収穫された新穀を捧げる日。

えー、つまりはあれだ。
「新嘗祭までお米がもたないよ!」という人は
神様が先に新米を口にしてしまえばOKなので、
新嘗祭まで待たずともその前の神嘗祭さえ
過ぎてしまえばギリ大丈夫って事で。

(゚ω゚)「じゃあもう、神嘗祭は過ぎたから大丈夫だね!」
SERUNA:「本当は新嘗祭まで我慢したいトコだがな」


我々日本人は自然・収穫される米・神々に感謝する
気持ちというものを持っていたハズなんですけど…
スーパーに新米が並び始めると「我先に!」と
競うように買って新米を口にする。
お金を払っちまえばそんなものは関係ない?
何だか段々と、自分本位の世の中になってきている
ようで残念な気持ちになりますね。

現代人、ちょっと贅沢しすぎですよ。

ならばどうだろう?ここはひとつ昔の人に倣い、
神様に感謝を捧げてから新米を頂くという事を
やってみるべきだと思うんですが如何だろう?


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:伝えたい事
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック