FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2017年11月23日 (木) | 編集 |
いきなり検索でこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1899.html

展示室に行ってみましょう。

20170512_kakkakudam_009.jpg

-----------------------------
「合角」という名前の由来。
 ダム湖に架かっている合角漣大橋上流には、昔、合角という
名前の集落がありました。「合角」というのは、その辺りに鹿が
たくさん住んでいて、牡鹿同士が角を突き合わせていたことから
「合角」と名付けられたといわれております。

----------------------(説明文より)

これは全国各地、どのダムにも言える事ですが、
いつもダムを見学して思うことは、ダムに沈んだ村のこと。
ダム湖の底にはかつて人々の暮らしがありました。

20170512_kakkakudam_010.jpg

20170512_kakkakudam_011.jpg

-----------------------------
在りし日のふるさと
 山があり、川が流れ、そして人々が暮らしていました。
ダムの建設により日尾地区(39戸)、合角地区(31戸)、
女形地区(4戸)、塚越地区(1戸)の75戸が移転しました。

------------------(パネルの説明文より)

20170512_kakkakudam_012.jpg

20170512_kakkakudam_013.jpg

20170512_kakkakudam_014.jpg

ダムが作られることによって、ダムに沈む村もあったわけで…
先祖代々ずっと守ってきた土地や、生まれ育った故郷が無くなる
という事はどんなに寂しいことか。恐らく町で何不自由なく、
のほほんと暮らしている人には想像をしたことも無いでしょうし
他人事のように感じる事でしょう。でもそれじゃダメです。

え?関係ないからそんなの知らないって?
じゃあ、もしも自分がこういう状況に置かれたらとしたら…?
私は凄く切なくなりますよ。

20170512_kakkakudam_015.jpg

こんな記事があったので貼っておきますね。
------------------------------
文献に見る補償の精神
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranB/TPage.cgi?id=413

-----------(リンク先:一般財団法人 日本ダム協会)

「人間もえらいことをするもんだ。
その土地の歴史も信仰も人情もみんな無くしちゃうんだからなぁ」

リンク先に書かれてあったこの言葉は深く胸に刺さります。
展示室にあった、涙を流すお婆さんの写真を見ちゃったらもうね…

20170512_kakkakudam_016.jpg

20170512_kakkakudam_017.jpg

20170512_kakkakudam_018.jpg

「都会の人に水をあげるために仕方の無い事だ」
「これも、大勢の人の為になるのなら仕方の無い事だ」と自分に
言い聞かせながら、思い出の詰まった故郷のことを思いながら、
ダムに沈む村を離れなければならない人たちがいた事を、
私たちは決して忘れてはいけないと思うんです。

普段、当たり前のように何気無く使っている水ですが、
こういう人たちも居たんだという事を、頭のほんの片隅にでも
入れておいて欲しいです。

水は大事に、ありがたく使いましょう。

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1902.html


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック