FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年02月27日 (火) | 編集 |
検索でいきなりココに来ちゃった人は、その1からどうぞ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2008.html

彌彦神社の奥宮に到着しました。
鳥居の手前には奥宮の社務所があります。

20171101_iyahikojinjya_065.jpg

鳥居には「御神廟」の文字。

20171101_iyahikojinjya_066.jpg

石碑。

20171101_iyahikojinjya_067.jpg

20171101_iyahikojinjya_068.jpg

ここに来たら参拝するよりも先に、
誰もが絶対景色に目を奪われてしまう事かと思いますが……

20171101_iyahikojinjya_069.jpg

ブログではまず、奥宮を先に紹介させていただきます。

20171101_iyahikojinjya_070.jpg

20171101_iyahikojinjya_071.jpg

-----------------------------
御神廟 
 越後平野を一望する霊峰・弥彦山(標高634m)の御神廟とは、
山頂に祭られる彌彦神社の御祭神の御廟(奥宮)のことです。
 御祭神である天香山命(あまのかごやまのみこと)は和銅4年
(711年)に神武天皇より、越後地方の開拓の勅命を受け、
日本海の荒波を舟で渡られ、越の国の野積浜(現在の寺泊町野積
地区)に上陸されました。
 そこで早速、漁民に海水を焚いて塩を作ることや、網や釣り針
を用いて魚を獲る術を教えられ、さらに弥彦に宮居を定められて
から、越後を平定し、さらに住民に稲作をはじめ諸産業の御指導
をされたと伝えられています。
 千年以上も昔から、彌彦神社は越後国一宮として
「おやひこさま」の敬称で親しまれています。

-------------(弥彦神社御神廟 境内案内板より)

御神廟を背にすると、目の前に広がる美しい景色。
とにかくもうメチャメチャ綺麗なんですよ。まだ彌彦神社へ
参拝に行った事がないかたは、機会があったら奥宮へも足を運び、
実際その目でこの景色を確かめていただきたい。
ホントにホントに…ホンットーーーに素晴らしいですから。

左に目を移すと越後平野が広がり、右に目を移すと日本海。
写真をパノラマで収められないのがツラい。
この景色は一生忘れない。

20171101_iyahikojinjya_072.jpg

20171101_iyahikojinjya_073.jpg

地図の水色が現在地(弥彦山山頂)。

20171101_iyahikojinjya_074.jpg

奥宮の横手に方位を示す石盤。
「凱旋記念」と書かれていますね。方位の外側には十二支。

20171101_iyahikojinjya_075.jpg

20171101_iyahikojinjya_076.jpg

参拝を終えて、先程のクライミングカーまで戻って来ました。
酔いそうな角度の写真でゴメン。

20171101_iyahikojinjya_077.jpg

20171101_iyahikojinjya_078.jpg

20171101_iyahikojinjya_079.jpg

乗車して戻りまーす。

20171101_iyahikojinjya_080.jpg

最後、降りた時の写真。
目の前にいるおっちゃんは係員さん。

20171101_iyahikojinjya_081.jpg


★その9に続くよ!(ラストはオマケで彌彦神社の大鳥居)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2021.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック