FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年06月01日 (金) | 編集 |
検索でいきなりこの記事のに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html

関所の中にお邪魔します。

20180209_araisekisyo_015.jpg

「面番所」について。

20180209_araisekisyo_016.jpg

-----------------------------
関所面番所
 この建物は、東海道を往来する旅人を取り調べる関所役人が
控えていた建物で、面番所といいます。嘉永七年(1854)の
地震により倒壊したため、翌、安政二年(1855)に建て替え
られました。構造は、入母屋造り、本瓦葺きで東西に十一間・
奥行きに七間、これに三方三尺のまわり縁側がつき、
内部は向かって右の部屋を上の間(十畳)・中の部屋を上番所
(二十畳)・左の部屋を下番所(二十五畳)という部屋割です。
 明治二年の関所廃止令後、明治六年から大正五年まで小学校
として、その後昭和二十六年まで新居町役場庁舎として使用
されました。
 全国で唯一現存する関所建物として昭和三十年に国の特別
史跡に認定されました。

------------------(新居関所 案内板より)

役人さんの後ろに並ぶのは「常備武具」

20180209_araisekisyo_017.jpg

-----------------------------
関所常備武具
 関所常備武具は、関所役人の所定の取り調べに従わない通行人
の不法行為を未然に防止する対策として備えられていましたが、
幕藩制社会の確立に伴い、関所の権威を通行者に誇示するという
役割、いわゆる飾り用として関所に常備されていました。
 時代によって、この数量は異なりますが、基本的には次の武具
が置かれていました。
  ・弓二十五張 ・鉄砲二十五挺
  ・矢箱二荷  ・玉薬箱二荷
  ・長柄十本

------------------(新居関所 案内板より)

隣のお部屋にいた役人さんの人形。
後ろに鉄砲が置かれています。

20180209_araisekisyo_018.jpg

-----------------------------
関所役人
 新居関所創設(1600)より元禄十五年(1702)までは
幕府直轄として関所奉公が任務にあたっていましたが、
元禄十五年以降、関所の管理は三河国吉田藩へ移管されました。
 吉田藩管理課としての関所役人は、番頭・給人・下改・賄役・
番所足軽・往還女改之女など計四十人前後が交代制で任務に
あたっていました。
 旅人の関所通行は、明六ツ(六時頃)から暮六ツ(十八時頃)
までで、原則として夜間は通行できませんでした。

------------------(新居関所 案内板より)

ここに来るまではこんな感じ。

20180209_araisekisyo_019.jpg

そして部屋に置かれてあったのは時代劇でよく見るアレ。
左から「突棒」「袖搦(そでからみ)」「刺股」。
何に使うか知らないって人は、各自でググって下さい。

20180209_araisekisyo_020.jpg

20180209_araisekisyo_021.jpg

20180209_araisekisyo_022.jpg

外に出て裏手に回ると「足軽勝手」というお部屋が。
ちなみに写真に写る女性は「あらため女」と呼ばれる人。

20180209_araisekisyo_023.jpg

中には女が男装をし、役人の目を誤魔化そうとする奴もいるので
改め女たちは、そういう奴を調べたりする事もあったそうな。
「女のような顔をして怪しいわね、お股を見せてごらん!」
って感じですかねw

201806011111566cf.jpg
歌川国貞:雙筆五十三次 荒井

-----------------------------
足軽勝手
 この関所へ勤めている役人のうちで足軽という階級の人たちが
休憩した部屋を勝手と呼んでいた。その当時勝手というのは
休憩室を言い、台所は別にあった。

あらため女
 「改め女」という通行の女を調べる女がいた長屋は、足軽勝手
の西に建てられていたが、今はその建物がないので便宜上この
足軽勝手を利用した。改め女は普通には関所役人の御内儀(妻)
を貰って女改めをやっていた。

------------------(新居関所 案内板より)

建物の外に出ました。
敷地内には「渡船場跡」があります。

20180209_araisekisyo_024.jpg

20180209_araisekisyo_025.jpg

20180209_araisekisyo_026.jpg

20180209_araisekisyo_027.jpg

-----------------------------
渡船場跡
 江戸時代、新居と舞阪の間は、渡船による交通が行われた。
この渡船場跡は宝永五年(1708)に今切関所が現在地に移転して
からものである。
 大正以降の埋め立てにより、今はその面影を全くとどめて
いないが、平成十四年(2002)に渡船場の一部を復元整備した。

------------------(新居関所 案内板より)

YouTubeより動画を拝借。
昔の新居関所をCGで再現したもの。


皆さんも浜松においでの際は、見に行ってみては如何でしょう。
関所のすぐ側に「紀伊国屋資料館」という所もございます。
http://kosaicity.com/shiryo.html
(紀州藩の御用宿跡)

本日紹介した施設についての情報を…
-----------------------------
国指定特別史跡 新居関所
http://hamaguru.com/sekisho/
住所/静岡県湖西市新居町新居1227-5
開館時間/9:00〜16:30
休館日/毎週月曜日(休日の場合は開館・8月は無休)
    年末年始
無料のボランティアガイドは原則予約制。
問い合わせはリンク先参照。

※2018年6月現在の情報です。
-----------------------------


ブログに訪問ありがとう
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック