FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年07月14日 (土) | 編集 |
さて、この間「縄文の神秘」というタイトルで写真をアップした
ワケですけれども、あの時どこへ行っていたかというと…
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2209.html

2018.7.10 探訪 
東京国立博物館(平成館)の『縄文展』!
http://jomon-kodo.jp

20180710_東京国立博物館_縄文展_001

良いお天気でしたよ♪

20180710_東京国立博物館_縄文展_002

20180710_東京国立博物館_縄文展_003

看板どどーん!

20180710_東京国立博物館_縄文展_004

国宝の「縄文のヴィーナス」「仮面の女神」の展示は、7月31日
からの模様。そのほかの国宝土偶はもう既に展示されています。
でもまだ来ていない二つの土偶は二年前に見ちゃったからいいやw
(過去ログ↓茅野市で見た時は自由に撮影もOKだったし…)
1)http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1231.html
2)http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1236.html

20180710_東京国立博物館_縄文展_005

会場到着ー。

20180710_東京国立博物館_縄文展_006

記念撮影スポットがありました。
「自分の推しはこの土偶!」というタスキが置いてあるので、
それをかけて、ココで写真を撮るといい感じになりますよw
(私は縄文のヴィーナス推しで記念撮影♪)

20180710_東京国立博物館_縄文展_007

会場内は撮影が禁じられていたので、YouTubeから動画を拝借。



一番最後のコーナーには撮影が可能な場所もあります。
写真が撮れるのはこれだけですけどねw

20180710_東京国立博物館_縄文展_008

20180710_東京国立博物館_縄文展_009

数々の展示物の中には、粘土板に押し付けて焼いた、
縄文人の赤ちゃんの手形や足型もあってワクワクしましたよ。
動物の土偶なんかもあって可愛かったです。

ずっと大昔の人が作った沢山の土器や土偶について現代の人々が
「これはきっと、こういう事に使ったものではないだろうか?」
と大真面目に議論していますけれども、実際のところそれらが
何に使われていたかなんて、縄文人にしかわからない物もきっと
中にはあるかも知れませんね。

縄文人たちも流石に自分たちが一生懸命作ったものを、
時代を超えてガラスケースに入れられ、現代人が鑑賞するとは
予想もしていなかっただろうなw

20180710_東京国立博物館_縄文展_010

9月2日まで開催されているそうなので、
皆さんも見に行ってみてはいかがでしょうか。
縄文人が作っているところをあれこれ想像しながら展示物を見る
のは結構楽しいですよ♪「何を考えながら作ってたのかな?」
「この部分の細工は苦労しただろうなー」なんてね。

-----------------------------
東京国立博物館
http://www.tnm.jp
住所/東京都台東区上野公園13-9

-----------------------------

【おまけ】
ヲタクが所持している現代のフィギュアがもしも未来で発掘
されたとしたら、未来人はクソ真面目に議論するのだろうか?w
「どうしてこの像は、こんなにも異常に乳が大きいのだろう?」
「五穀豊穣・子孫繁栄を願って作られたものに違いない!」
「マスクをしている像もあるが何を意味するのか?」
「きっと儀式的な時には、そのような姿をしていたのだろう」
…とかさw


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしくね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック