FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年08月22日 (水) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2266.html

古墳内部に入ってみました。
中は若干温度が低くひんやりとした空気。
手前のは「舟形石棺」、奥に見えるのが「竪穴式石棺」。

20180314_hachimanzuka_032.jpg

20180314_hachimanzuka_033.jpg

-----------------------------
何人が埋葬されていたのか。
 この石棺は盗掘されていたため棺内の埋葬人数はわからない。
石棺のうしろ(南)にはこれよりあとに作られたもう一つの
埋葬施設(木棺を石で囲った竪穴式の石槨)があった。
したがってこの古墳には二人以上が埋葬されたわけだが、石棺が
中心人物のもので、石廓はその近親者を葬ったものであろう。

--------------------(石棺説明文より)

20180314_hachimanzuka_034.jpg

20180314_hachimanzuka_035.jpg

20180314_hachimanzuka_036.jpg

20180314_hachimanzuka_037.jpg

20180314_hachimanzuka_038.jpg

20180314_hachimanzuka_039.jpg

20180314_hachimanzuka_040.jpg

-----------------------------
王の棺をよくみてみよう。
 これは八幡塚古墳の主を埋葬した石棺である。
柔らかい石を身と蓋に分けて切り出し、くり抜いて造ってある。
石工が鉄の工具で削った跡も鮮やかである。魔除けや復活を
祈って内部は赤く塗られている。この石棺は国内でも大きな部類
に入り保存状態も良い貴重な資料だ。

石棺外寸(蓋・身)長 3.2m×幅 1.5m×高 1.4m(突起含む) 
棺身内法     長 1.2m×幅 0.7m×深 0.45m 

--------------------(石棺説明文より)

20180314_hachimanzuka_041.jpg

-----------------------------
何が出土したのか。
 石棺は蓋を割られ、完全に盗掘されていたが、
小さな玉だけが取り残されていた。棺の右脇の石組み空間からは
鉄製の農耕具のミニチュアが出土した。貴重な鉄を独占した王の
祭祀用具である。
第二埋葬部の跡からは、太刀、玉、甲の破片等が出土している。

20180314_hachimanzuka_042.jpg

--------------------(石棺説明文より)

20180314_hachimanzuka_043.jpg

-----------------------------
石棺はどのように埋められた?
 石棺はまず頂上に掘った大きな穴に据えられた。続いて遺体を
納めて蓋をし、まわりを河原石で覆い、さらに土を盛って内部に
封じ込められた。
こうした埋葬方法は、通路と部屋を造る横穴式石室と区別して
竪穴式石室と呼ばれる。横穴式より古い埋葬方法である。
※今あるような内部空間は本来なかったものである。

--------------------(石棺説明文より)

★その4に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2270.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:歴史
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック