FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月17日 (月) | 編集 |
2018.12.9 参拝 
秩父神社へ訪れると必ずお参りする「秩父神社」
夜祭が終わって数日、屋台の解体が行われていました。
もう殆ど片付いてしまった後ですが…

20181209_chichibujuinjya001.jpg

20181209_chichibujuinjya002.jpg

20181209_chichibujuinjya003.jpg

20181209_chichibujuinjya004.jpg

いつものように参拝。

20181209_chichibujuinjya005.jpg

そしていつものように、可愛いので頭を撫でてしまう、
秩父神社の稲荷社のキツネさん。向かって右の子が一番好き。
この日はクラウン模様のよだれかけをしていましたよ♪

20181209_chichibujuinjya006.jpg

20181209_chichibujuinjya007.jpg

ブログで紹介していなかった、秩父神社の「柞の森」。
http://www.chichibu-jinja.or.jp/keidai/hahasonomori/

20181209_chichibujuinjya008.jpg

-----------------------------
 秩父神社の鎮守の森は、古くから「柞の杜」(ははそのもり)
と呼ばれ、市民に親しまれてきました。
面積は寛政二年(1790)薗田筑前守から幕府への提出図面及び
「新編武蔵風土記稿」に「社地一萬千四百八十四坪」
(約38,000㎡)を柞の森と称します。享和二年(1802)
「秩父大宮妙見宮縁起」にも「柞の杜」とあるように「柞」は
ミズナラの繁殖した神聖な杜であったと伝えられ、
「母巣の森」とも記され、かつてはブッポウソウ(春に南方から
渡って来る夏鳥)、現在ではアオバズク(フクロウ)の生息地
となっております。
 古くから当社は「父の実のちちぶの里、母そ葉のははその杜」
と歌われてきました。これは「萬葉集」巻第十九に載る長歌
「健男」の一節を引用した表現です。文字どおり、父の地、
秩父のふるさとに鎮まる・母なる鎮守の杜を表現し、象徴的には
「乳の実」を付ける「乳の木」すなわち銀杏を御神木とし、
「柞の杜」すなわちナラ科の青葉が生い茂る森をヤシロとする
当社の姿を表した言葉でありました。

------------------(秩父神社案内板より)

柵の外から撮影。
カメラを左から右に向けてみる。

20181209_chichibujuinjya009.jpg

20181209_chichibujuinjya010.jpg

全体を捉えようとするのは難しい。

20181209_chichibujuinjya011.jpg

…で、気付いたんですが柵からすぐ目の前にあるこの木。

20181209_chichibujuinjya012.jpg

フクロウの顔に似ている部分が……
似てるよね?

20181209_chichibujuinjya013.jpg

↓コレ。

20181209_chichibujuinjya014.jpg

秩父神社といえば「北辰の梟」。
http://www.chichibu-jinja.or.jp/keidai/fukurou/
そして柞の杜に住むアオバズク。たまたまフクロウに似ている
この部分を見て、なんだか神秘的な結びつきを感じてしまった
のは私だけでしょうか?(いやいや、偶然だってw)


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック