定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2014年06月06日 (金) | 編集 |
アナログ式で描いています。下描きのまま放置中で申し訳ないw
某SNSのフレンドさんは既にこの漫画を目にしていると思いますが、
こちらでも同じように公開。あっちよりは見易くなってると思う。
ちょっと詳しく説明も入れちゃおうかな。

「日本の物語って面白い♪」
…なんて読んでもらえたら幸いです。

さて、漫画の前に、登場人物についてのお話を。
古事記には『阿遅志貴高日子根命(アジシキタカヒコネノカミ)』という神が登場
します。彼は『大国主命』(出雲大社の御祭神)と『多紀理毘売命』
(須佐之男命の娘で宗像三女神の内の一人)との間に生まれた男神。
そして『下光比売命』のお兄さんです。高天原を裏切った『天若日子』
(妹の夫)によく似ている美青年で、また、彼の友人でもありました。

天若日子が死んだ時に、仲の良かった友として葬儀の場に出てくるの
ですが、その時死者に間違えられて怒り、喪屋を切り伏せて蹴り飛ばし、
メチャメチャにするなど激しい一面を垣間見せるのですけれども…
阿遅志貴高日子根命については出雲国風土記にはこんなお話があります。
※風土記では『阿遅須枳高日子命』と書かれる。


〜三沢郷〜
彼は幼い頃から大人になるまで、朝から晩までまるで赤子のように泣き、
全く言葉を話せない『おし』の御子でした。彼の泣き声は凄まじく、
何とか泣き止ませようと母、多紀理毘売命は船に乗ろうと提案をします。
彼を船に乗せ、八十島(日本列島)を巡りましたがその努力も虚しく、
御子はいつもと同じように泣くばかりです。

父の、大神大穴持命(大国主命)はどうして彼が泣き止まないか、
どうして口がきけないのか、夢占いをする事にしました。そして夢の中で
彼が口をきいているのを見た大神は、目が覚めてから御子に話せるように
なったかを尋ねると、彼は突然「御沢(ミサワ)」と口にしたのです。

2014_fudoki_misawa_001.jpg

「それはどこの事を言うのだ?」と御子に問うと、彼は急に立ち上がり、
外へ走り出して石の多い浅川を渡り、向こうの岸の坂の上まで飛んで行き
「ここです」と言うので大神をはじめとし、皆の者を連れて行ってみると、
そこに泉が湧き溢れていました。喜ぶ大神と母の前で彼は禊をしました。
今まで口もきけず泣き続け、言葉を話せなかった御子は、これでやっと
まともな御子になったといいます。

けれども、この事があってからこの土地の女たちはこの村の稲を食べなく
なってしまいました。お腹の子供が生まれて『おし』になるといけない
と恐れたからだそうです。《おしまい》

2014_fudoki_misawa_002.jpg

【ちょっと解説】
名前の『シキ(スキ)』は農具の『鋤』を意味し、
農業の神として崇められています。この神は別名『迦毛大御神』。
本拠地は奈良県の葛城にある『高鴨神社』(その他、鳥取県の『倭文神社』
や福島県の『都々古別神社』に彼は祀られています)。

雷神としての性質を持つ彼は、口がきけなかった頃に八十島を巡ったり、
高屋に梯子をかけて昇り降りさせられ育てられたのですが、この行為こそ
雷鳴や落雷を連想させるのだそうです。古事記では、怒りにまかせ喪屋を
切り伏せましたが、その時に使った鋭い剣が、稲妻のエネルギーを連想
させる…なんていうお話もあるそうです。

彼が禊をした泉が、島根県の奥出雲町にあります。
http://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/234
今でも綺麗な水が湧き出しているそうで、島根の名水百選のうちのひとつ
とされているようです。


ブログ応援に、ランキングボタンをポチッと
押してもらえたら嬉しい。
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:今日のブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック