FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年01月17日 (木) | 編集 |
2018.9.12 参拝 
「大甕(おおみか)神社」へやって参りました。
ココには、つよーい神様がお祭りされているんですよ♪

20180912_oomikajinjya_001.jpg

20180912_oomikajinjya_002.jpg

神社の拝殿を右から&左から。

20180912_oomikajinjya_003.jpg

御祭神の「武葉槌命」という神は、最強の武神といわれている
鹿島の武甕槌命さんと香取の経津主神さんですら散々手を焼いて
倒せなかった相手「甕星香々背男」を従わせる事の出来た神様。
甕星香々背男を倒した後はこの地にとどまり、人々に織物の技術
を伝えたといわれています。

ちなみに武葉槌命に倒された「甕星香々背男」は星の神で、
武葉槌命と同様、日本書紀にのみ登場する神様です。

20180912_oomikajinjya_004.jpg

大甕神社
http://omikajinjya.sakura.ne.jp
主祭神:武葉槌命(建葉槌命)
地主神:甕星香々背男(天津甕星 亦の名 天之香々背男)
-----------------------------
 當社の創祀は詳らかではありませんが、
社伝によれば皇紀元年(紀元前660年)とあります。
鹿島・香取の二神が、服はぬ国津神・草木石類にいたるまで
平定するも、唯一、甕星香々背男と称する星神を征服すること
ができずにおりましたところ、二神に替わって大甕に赴き
地主神の霊力を宿魂石に封じたのが倭文神武葉槌命であったと
伝えられています。

 此の地の住民、国土開発と国家安寧に尽力された神として、
大甕山上の古宮の地に祀り祭祀が行われておりました。
時は移り、江戸期元禄八年旧暦四月九日藩命により
甕星香々背男の磐座、宿魂石上に遷座されてより三百年の
星霜を経て今に至ります。

----------------(大甕神社 公式サイトより)

旧社務所の側にあった記念碑。

20180912_oomikajinjya_005.jpg

毎月一日のみにしか手に入れる事の出来ない、
限定のお守りがあるそうですよ。
http://omikajinjya.sakura.ne.jp/goods/index.html

20180912_oomikajinjya_006.jpg

拝殿の裏手側。

20180912_oomikajinjya_007.jpg

拝殿向かって右手に鎮座する「稲荷神社」

20180912_oomikajinjya_008.jpg

「八坂神社」

20180912_oomikajinjya_009.jpg

「御神輿殿」

20180912_oomikajinjya_010.jpg

★その2に続くよ!
次の記事では武葉槌命がお祀りされる御本殿へ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2488.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック