FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2019年05月06日 (月) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2637.html

まっすぐ歩いて行きましょう。

20181115_mitsuke_tenjin_011.jpg

下の写真は「六つ石」

20181115_mitsuke_tenjin_012.jpg

-----------------------------
住吉よりこの地に楼門があり、この石は、その柱の基礎である。

--------------(矢奈比賣神社 境内案内板より)

参道の脇の「ご縁木」
二つの木が根の方でひとつに繋がっています。

20181115_mitsuke_tenjin_013.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_014.jpg

矢奈比賣神社の手水舎。ずっと前に来た時は、
この辺りで懐っこい猫ちゃんたちがゴロゴロしていたっけな。

20181115_mitsuke_tenjin_015.jpg

お社が見えて来ましたよ。

20181115_mitsuke_tenjin_016.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_017.jpg

見付天神 矢奈比賣神社
https://mitsuke-tenjin.com
主祭神:矢奈比賣命/相殿:菅原道真公
-----------------------------
 ※延喜式内社・※国史現在社として磐田の里々をはじめ、
京の都にも名が知られ崇敬されていた。
相殿の御祭神(菅原道真公)は一条天皇の正暦四年(993年)
に筑前国太宰府天満宮より勧請される。慶長八年(1603年)
徳川家康公より神領五十石を寄進される。明治六年社格が
県社に列せられる。

※延喜式内社とは、平安時代の延喜年間(十世紀前半)に
 著わされた延喜式神名帳に載せられている、
 古い社格のある神社。
※国史現在社とは、六国史(日本書紀・続日本紀・日本後紀・
 続日本後紀・文徳実録・三代実録)に記載のある神社。
 当社は、続日本後紀と三代実録に記載されている。

御神徳
 古より学業成就・安産・子育て・諸産業振興の神として
「見付のお天神様」と崇敬され、天下の奇祭(裸祭り)
人身御供伝説とともに世に知られている。

--------------(矢奈比賣神社 境内案内板より)

下の写真は「御池」

20181115_mitsuke_tenjin_018.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_019.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_020.jpg

★その3に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2640.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック