FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2019年06月15日 (土) | 編集 |
2018.12.14 探訪 
「道の駅ふじおやま」にやって参りました。
ここは金太郎の里、小山町。早速金太郎の像がお出迎えです。
まさかり担いで金太郎〜 熊にまたがりおうまのけいこ♪

20181214_oyama_manhole_001.jpg

20181214_oyama_manhole_002.jpg

金太郎さんは、成長してからは坂田金時と名乗り、
源頼光四天王の一人として大活躍する立派な人物となります。
彼が大人になってからの物語は、各自ググって調べてください。

20181214_oyama_manhole_003.jpg

20181214_oyama_manhole_004.jpg

20181214_oyama_manhole_005.jpg

観光協会の中にあったマンホール蓋。
こうして置いてあると一度に用事が済むので助かりますw

20181214_oyama_manhole_006.jpg

頂いたマンホールカードがこちら。

20181214_oyama_manhole_007.jpg

20181214_oyama_manhole_008.jpg

-----------------------------
「富士山頂のあるまち、金太郎誕生の地」をイメージして
デザインされたマンホール蓋です。中央には、日本の象徴で
ある富士山を町章で囲み、さらに外側には、富士山に周辺に
多く自生し、日本のアザミの中で一番大きな花をつける
「ふじあざみ」が描かれています。「ふじあざみ」は夏から
秋にかけて火山灰地の高原に紅紫色の花を開花させ、登山者
の目を楽しませてくれます。また、昔話で有名な「金太郎」
は、童謡で知られるとおりの鉞を担ぎ、熊にまたがる姿で
デザインされてます。この自然豊かな小山町で生まれ育った
金太郎は、町の英雄であり町民が誇りにしている伝説です。

---------------(マンホールカード裏面より)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック