FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2019年07月04日 (木) | 編集 |
2019.1.12 参拝 
焼津市関方にあります「猪之谷神社」(いいのや神社)。
一説には井伊家と何らかの関わりがあるかも知れないと言われて
いるようですが、詳しくはよくわかりません。
ちなみにこの神社から近い場所には「井伊直孝産湯の井」や、
直孝ゆかりの神社が存在しています。

20190112_iinoyajinjya_001.jpg

この神社の古墳からは「六鈴鏡」が発見されているらしい。

20190112_iinoyajinjya_002.jpg

-----------------------------
猪之谷神社の文化財 焼津市指定有形文化財 六鈴鏡 
    昭和四十一年九月二十一日指定
    直径 13.8cm(四寸五分)・縁の暑さ 0.55cm(二分)
古墳時代後期のものと推定される。日本の古代社会においては、
鏡は姿見としてでなく、呪術的な道具として考えられている。
鈴についても呪具祭器として使用されている。こうした祭儀用の
鏡と鈴を一緒にしたのが鈴鏡で、日本特有の鏡である。
この鏡は、ほとんど完全品で、形式のみごとなものである。
内区は、内行五花文を中心とし、重圏文と櫛歯文を交互に二重に
まわらせている。六個の鈴がつき、内二個が半面欠損している
のみで、まことに貴重な珍品である。

---------------(猪之谷神社 境内案内板より)

全体が画面に収めづらく、酔いそうな角度の写真ですいません。

20190112_iinoyajinjya_003.jpg

猪之谷神社
御祭神:後醍醐天皇
http://shizuoka-jinjacho.or.jp/shokai/jinja.php?id=4407036
-----------------------------
 祭神は後醍醐天皇、興国5年(1344)4月の創立といわれます。
伝説によれば、後醍醐天皇の皇子宗良親王は南北朝の争乱の際、
この地に逃れてきて再挙をはかったとされます。
その従者狩野貞長が皇子の病気平癒のため、父帝である
後醍醐天皇を祀ったのが始まりといわれます。

-------(焼津辺文化遺産ガイド 高草山周辺ルートより)

こちらは御本殿。

20190112_iinoyajinjya_004.jpg

20190112_iinoyajinjya_005.jpg

ナギの木。

20190112_iinoyajinjya_006.jpg

一般的には雌雄一対で植えられているナギの木ですが、
ここの神社の木は雌樹。ナギの名前が「凪」に通じることから、
船乗りに信仰され、葉をお守り袋に入れたり、鏡の裏に入れる
風習もあるそうです。

20190112_iinoyajinjya_007.jpg

-----------------------------
焼津市指定 天然記念物 ナギ
    昭和四十四年十二月十七日 指定
    目通り 2.25m・根回り 2.6m・樹高 16m・枝張り5m
猪之谷神社拝殿前にある雌樹で樹勢は旺盛である。ナギはマキ科
の常緑高木でで元来亜熱帯性植物であり、わが国では、暖地に
自生する。葉脈が平行であるため、せんまいさばきともいう。

---------------(猪之谷神社 境内案内板より)

境内にある摂社・末社。

20190112_iinoyajinjya_008.jpg

20190112_iinoyajinjya_009.jpg

★その2に続くよ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2728.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック