FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年07月07日 (日) | 編集 |
本日は七夕。たくさんの記事の更新すいません。
過去の記事をちょっとだけ編集しなおして再掲しておきます。


日本には、数々の七夕の物語があります。
七夕に登場する『彦星』のモデルとなっている者が存在し、
それは一説には古事記に登場する、高天原を裏切った『天若日子』
なのだとか。

今回は室町時代の『御伽草子』(短編のお話が幾つも詰め込まれ
たもの)を紹介しようと思います。その中には『天稚彦草子』
という七夕の物語があり、この物語の『天稚彦』と呼ばれる人物
も天若日子だと言われているようです。

------------------------------
天稚彦草子

むかしむかしのお話です。
とある村の長者の家に若くて美しい三人の娘がおりました。
ある日のこと、長者の家の前の川で下女が洗濯物をしていると、
恐ろしい大蛇が目の前に姿をあらわし、口から手紙を吐き出して
こう言ったのです。
「言う事を聞かねば絞め殺す。この手紙を長者に渡せ」
大蛇に脅された下女は言われた通り長者にその手紙を渡します。
恐る恐るその手紙を開いてみると…

「お前たちの娘を嫁に差し出せ。さもなくば殺す」

これに驚いた長者が長女に問うと、
「たとえ父様と母様の頼みでも蛇の嫁になるのはイヤ!」
と拒否。次女に聞いても「私もイヤです!」とこれを拒否。
残った末娘に泣く泣く問うと…「父様と母様が殺されてしまう
くらいならば、私が蛇の嫁になりましょう」と了承。
指定された池の前に家を建て、末娘が震えながら待っていると、
轟音と共に恐ろしい大蛇がその姿をあらわしたのです。
娘が全ての覚悟を決めたとき、大蛇が意外な事を口にしました。

「娘よ、私の姿を見ても恐ろしいと思わないでくれ。
 刀を持っているのならば、どうか私の頭を斬って欲しい」


…言われるままに娘は蛇の頭を斬ります。
すると何ということでしょう!中から出てきたのは美しい男
ではないですか。娘は怖かったことなどすっかり忘れて、
「天稚彦」と名乗るその男と相思相愛の仲になって夫婦となり、
何の不自由も無い幸せな暮らしを送る事となったのです。

それから暫く経ったある日のこと。天稚彦は妻に自分の正体が
海龍王であるということを告げました。私用で天へ戻らねば
ならなくなったこと、7日で帰る予定だが来なければ27日、
それでも来なければ37日を待ってくれ。それでも帰らなければ、
一夜ひさごに乗り天に昇って私を訪ねてくれ…ということも。
そしてもうひとつ「これを開けてはならぬ。開けたら私は本当に
お前の元には帰れなくなってしまう」と妻に唐櫃を預け、
天に昇っていってしまいました。

妻は夫との約束を頑なに守っていました。
ある日、妹が裕福に暮らしていることをどこかで聞きつけた
長女と次女が「あの時大蛇の嫁になることを断って損したわ!」
と突然やってきて家の中を勝手に物色し、妹が大事にしていた
唐櫃を無理矢理奪い、禁忌はあっさりと破られてしまいます。
唐櫃の中には何も無くただ煙が空に立ち昇るだけでした。

そんなことがあったためか何十日経っても、どんなに待っても
夫は戻ってはきませんでした。心配になった妻は夫を探しに、
言われた通り一夜ひさごに乗って天に昇ります。
星々に夫の行方を聞きながらようやく再会。
やっと見つけたと思った夫の口からは衝撃的な一言が。

「会いに来てくれたのは嬉しいが私の父は恐ろしい鬼なのだ。
父に見つかればあなたは殺されてしまうだろう」


天稚彦は父がやって来ても、妻を扇や枕などありとあらゆる
ものに変化させて人間がやってきた事がバレないよう、
なんとか誤魔化しながら隠すのですが、ついには鼻のいい父に
見つかってしまいます。
「人間と結婚だと?!そんな事ワシは絶対に許さんぞ!」
自分の愛した女性を殺されてしまってはたまりません。
天稚彦は妻を必死に庇います。すると鬼は…

「人間よ、俺の出す問題をクリアしたら息子との結婚を許そう」

それは娘にとって大変なものでした。
「千頭の牛を面倒見ろ。昼は野に放ち、夜は牛舎に入れておけ」
「蔵にある千石の米を即刻別の蔵に移せ。一粒足りなければ
探し出して全ての数を合わせよ」などいう無理難題。
天稚彦の妻は夫の助けによって、これらを次々にクリア。
百足の蔵に閉じ込めても蛇の蔵に七日閉じ込めても、
どんな事をしても無事還ってくる(天稚彦が授けた袖を振る事で
百足も蛇も追い払う事ができた)。これには鬼である父も感心。
こうなってはもう、二人の結婚を認めざるをえません。

「仕方が無いな、月に一度ならば逢うことを許してやろう」

…が、月に一度会う事を許すという鬼のこの言葉を、
「お義父様が一年に一度と仰るならばわかりました」と聞き違え
てしまいます。鬼は「ああ、ならば一年に一度だ」と持っていた
瓜を地面に叩きつけ、二人の間を隔てる大きな川を作りました。
この川が「天の川」となり二人は年に一度の7月7日のみに逢える
ようになったのです。

------------------------------

【ひとこと】
鬼が天稚彦の嫁に苦難を押し付ける場面は、
「古事記」のスサノオと葦原色許男神(後の大国主)のエピソード
に似ているなぁと思いました。あちらは嫁に助けられる話ですが、
苦難の内容と助かる方法が両方共そのまんまな感じなので、
この共通点は非常に興味深いです。

どうでもいいけど、上のお姉ちゃんたちあまりにクズ過ぎない?

【おまけ】こんなのも如何?
室町時代末期に書き写された御伽草紙『貴船の物語』。
http://kifunejinja.jp/monogatari/
こちらは鬼の娘と地上の若者の恋物語です。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく。
関連記事
テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック