FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年07月18日 (木) | 編集 |
2019.1.25 参拝 
『丹生都比売神社』にやって参りました。

20190125_丹生都比売神社_001

20190125_丹生都比売神社_002

-----------------------------
両部鳥居の様式。
両部とは密教の金剛界・胎蔵界のことで神仏習合が盛んだった
神社によく見られ、高野山と縁の深い丹生都比売神社の鳥居
にもみられます。


-------------(丹生都比売神社 公式サイトより)

「輪橋」
ここに来たのは今年の一月。
橋は凍結による転倒防止のため閉鎖されていました。

20190125_丹生都比売神社_003

20190125_丹生都比売神社_004

20190125_丹生都比売神社_005

-----------------------------
 神様がお渡りになる神橋ですが、丹生都比売神社の輪橋は
神さまのおかげをいただくために、参拝者も渡ることができる
ようになっています。 半円形に沿った形が別名、太鼓橋の由来に
なっており、坂のような傾斜になっています。


-------------(丹生都比売神社 公式サイトより)

20190125_丹生都比売神社_006

こちらは「鏡池」

20190125_丹生都比売神社_007

続いて「中鳥居」。大正6年に一度焼失。
平成22年10月16日に再建されたそうです(軒高7メートル超)。

20190125_丹生都比売神社_008

一月はとても寒く、手水舎の柄杓の水が凍結。
神社で手を清める時にはけっこう厳しい季節だったりw
「うわぁあぁぁぁーーっ!冷たい!」って声が出てしまいます。

20190125_丹生都比売神社_009

さて、お参りをしましょう。

20190125_丹生都比売神社_010

-----------------------------
楼門
 室町時代に建立された入母屋造・檜皮葺きの堂々とした楼門。
本殿とともに重要文化財の指定を受けています。
一般のご参拝はこの楼門前からとなります。


-------------(丹生都比売神社 公式サイトより)

20190125_丹生都比売神社_011

丹生都比売神社
https://niutsuhime.or.jp
御祭神/第一殿:丹生都比売大神、第二殿:高山御子大神
    第三殿:大食都比売大神、第四殿:市杵島比売大神
    若宮:行勝上人
-----------------------------
 紀ノ川より紀伊山地に入り標高450メートルの盆地天野に
当社が創建されたのは古く、今から千七百年前のことと伝えられ
ます。天平時代に書かれた祝詞である『丹生大明神告門』に
よれば、丹生都比売大神は天照大御神の御妹神さまで稚日女命
とも申し上げ、神代に紀ノ川流域の三谷に降臨、紀州・大和を
巡られ農耕を広め、この天野の地に鎮座されました。
また、『播磨国風土記』によれば、神功皇后の出兵の折、
丹生都比売大神の託宣により、衣服・武具・船を朱色に塗った
ところ戦勝することが出来たため、これに感謝し応神天皇が社殿
と広大な土地を神領として寄進されたとあります。

 ご祭神のお名前の「丹」は朱砂の鉱石から採取される朱を
意味し、『魏志倭人伝』には既に古代邪馬台国の時代に丹の山が
あったことが記載され、その鉱脈のあるところに「丹生」の地名
と神社があります。丹生都比売大神は、この地に本拠を置く
日本全国の朱砂を支配する一族の祀る女神とされています。
全国にある丹生神社は88社、丹生都比売大神を祀る神社は108社、
摂末社を入れると180社余を数え、当社はその総本社であります。

------------------------(↓続く)

20190125_丹生都比売神社_012

-----------------------------
 丹生都比売大神の御子、高野御子大神は、密教の根本道場の地
を求めていた弘法大師の前に、黒と白の犬を連れた狩人に化身
して現れ、高野山へと導きました。弘法大師は、丹生都比売大神
よりご神領である高野山を借受け、山上大伽藍に大神の御社を
建て守護神として祀り、真言密教の総本山高野山を開きました。
これ以降、古くからの日本人の心にある祖先を大切にし、自然の
恵みに感謝する神道の精神が仏教に取り入れられ、神と仏が共存
する日本人の宗教観が形成されてゆきました。
 中世、当社の周囲には、数多くの堂塔が建てられ(絵図参照
3DCG再現映像)明治の神仏分離まで当社は516人の神主と
僧侶で守られてきました。

また、高野山参詣の表参道である町石道の中間にある二つ鳥居は、
神社境内の入口で、まず当社に参拝した後に高野山に登ることが
慣習でした。 鎌倉時代には、行勝上人により気比神宮から大食都
比売大神、厳島神社から市杵島比売大神が勧請され、社殿が北条
政子により寄進され、本殿が四殿となり、このころから舞楽法会
が明治のはじめまで盛んに行われます。現存する本殿は、
室町時代に復興され、朱塗りに彫刻と彩色を施した壮麗なもので、
一間社春日造では日本一の規模を誇り、楼門とともに重要文化財
に指定されています。
 尚、平成十六年七月「紀伊山地の霊場と参詣道」の丹生都比売
神社境内として世界遺産へ登録されました。

-------------(丹生都比売神社 公式サイトより)

【‪丹生都比売神社仮想再建CG‬】


★その2に続く♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2759.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手をポチッとして戴けると励みになります。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック