FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2019年07月25日 (木) | 編集 |
竈山神社の記事を見ていない人はこちらからどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2774.html

『竈山神社』を出てすぐ裏手に彦五瀬命の陵墓があります。

20190125_kamayamanohaka_001.jpg

20190125_kamayamanohaka_002.jpg

20190125_kamayamanohaka_003.jpg

彦五瀬命 竈山墓
-----------------------------
竈山の御墓 
 ここは古くより竈山と呼ばれている、彦五瀬命の御墓です。
命は初代の天皇となられた神武天皇の兄君です。九州の日向国を
出立し、大和平定の途中、傷を負われて雄水門で亡くなられ、
この地に鎮られました。
 神武天皇が即位された皇紀元年より二年ほど前のことです。
日本の国造りに尊い御命を捧げられ、建国の礎となられた
彦五瀬命は国の民の鏡として讃えられ、国家安泰の神様として
竈山神社に祀られています。地元の人はもとより、
全国から多くの人々が、神社やこの御墓にお参りになります。
 皆が此処を大切に思い、世の発展と子孫の繁栄を永遠に御加護
いただくことをお祈りして、平和な社会を築きましょう。

---------------(彦五瀬命 竈山墓案内板より)

20190125_kamayamanohaka_004.jpg

20190125_kamayamanohaka_005.jpg

お話が説明文と被ってしまいますが…

東征の途中、彦五瀬命は敵の放った矢で傷を負います。
「我々は日の神の御子であるのに、日に向かって戦ったのが
良くなかったのだ」と今度は太陽を背にして戦おうと仰せになり、
南の方へとまわりこむ形で進軍するのですが、矢傷が原因となり
「賤しき者どもに手傷を負わされ、死ぬ事になるとは…!」
と雄叫びをあげ、雄水門で亡くなってしまいます。
その後、彦五瀬命は竈山の地に葬られました。

彼は今もこの地で静かに眠っています。
これから竈山神社に行かれるかたは、神社をお参りしたあとに、
竈山墓へも足を運んで手を合わせてみてはいかがでしょう。

【おまけ】
三田地区には、彦五瀬命と東征をともにした方々の子孫が
代々住まわれて命の墓を守り続けているそうな。

《さらに彦五瀬命ゆかりの地へ!》
★水門吹上神社に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2781.html
★男神社(おたけびの宮)に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2787.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック