FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2019年08月04日 (日) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2791.html

その3の最初は神社に居た猫さんの話題でも…
境内社「織姫神社」の周辺にわんさかいました。

20190126_ootoritaisya_029.jpg

20190126_ootoritaisya_030.jpg

愛い奴よのぅ… (´ω`*)

20190126_ootoritaisya_031.jpg

猫さん:「あぁん?何見てるのニャ」
SERUNA:「…すいません、なんでもないです」

20190126_ootoritaisya_032.jpg

ゾロゾロ…
兄弟かな?同じ柄と同じ雰囲気の子たちも。

20190126_ootoritaisya_033.jpg

こんな可愛い子も居ました。
触りたい。でも触らせてくれない。

20190126_ootoritaisya_034.jpg

20190126_ootoritaisya_035.jpg

20190126_ootoritaisya_036.jpg

手水舎に頭を突っ込んでいる子猫さん。
中に水は溜まっていない。

20190126_ootoritaisya_037.jpg

20190126_ootoritaisya_038.jpg

「清盛公歌碑」

20190126_ootoritaisya_039.jpg

20190126_ootoritaisya_040.jpg

-----------------------------
 元治元年、平清盛、重盛親子が熊野参詣の途中、都にて乱兵
あるとの急報を聞いて都に帰る地中、大鳥大社に参拝し、
商戦を祈願した。この時
「かひこぞよ、かへりはてばな飛びかけり 
              はぐくみたてよ、大鳥の神」
この和歌一首と神馬一頭を献じた。明治初年大鳥大社大宮司
富岡鉄斎翁の筆によ建てられた自然石の碑です。

----------------(大鳥大社 境内案内板より)

「織姫神社」

20190126_ootoritaisya_041.jpg

「大鳥美波比神社」

20190126_ootoritaisya_042.jpg

大鳥美波比神社
御祭神/天照大神・相殿/菅原道真公
-----------------------------
本社の境内東側に鎮座、もと当社は北王子村に鎮座であったが
明治十二年に現在地に遷座した。

----------------(大鳥大社 公式サイトより)

そのすぐ側のココはどんな所なのでしょう?
調べてみたら「日立造船戦没者慰霊碑」だそうです。
※関係者しか入れない場所らしい。

20190126_ootoritaisya_043.jpg

金網の隙間からズーム。

20190126_ootoritaisya_044.jpg

「蓮池」の方向。
「根上がりの大楠」があります。

20190126_ootoritaisya_045.jpg

見れば見るほど根っこがスゴイ。

20190126_ootoritaisya_046.jpg

20190126_ootoritaisya_047.jpg


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック