FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2019年09月03日 (火) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2849.html

さて…参道に戻って社殿に向かいお参りしましょう。

20190312_ose_jinjya_020.jpg

20190312_ose_jinjya_021.jpg

大瀬神社(引手力命神社)
http://www.osezaki.jp/oseshrine.html
御祭神/引手力命
-----------------------------
大瀬神社之記 
一.当神社は白鳳十三年 684年(千三百十余年前)大地震が起き
 土佐国で多くの土地が海中に没した反面突然三百余丈も
 盛り上がり島が誕生したとある。又土佐国から土地を引いて
 きて島を造ったと云う伝説もあり、その神霊を感じて引手力命
 として祀ったとされる。
一.当社は古来から力技射術の霊験があるといわれ源為朝頼朝が
 源氏再興を祈願し、弓矢・かぶと・宗近の銘刀 政子御前が
 御神鏡を奉納されたとある他、各時代の武将 御太刀を奉納
 されており源氏の再興もかなえられ再三参拝されたと記されて
 いる。
一.建部年間(室町時代)熊野より水軍の武将 鈴木繁伴一族が
 近辺を領し祭祀にいそしむとあるが、その後の地震津波により
 社弓矢など皆失われてしまった。しかし金銅尊駆を砂中で発見、
 再建、海の守護神として駿河湾一円の漁民の崇敬尊信篤く
 今日に至る。

------------------------(↓続く)

20190312_ose_jinjya_022.jpg

-----------------------------
一.現在の社殿は火災により昭和十四年に建造されました。
一.先端には灯台・樹齢千数百年以上の、幹回り六米以上の
 びゃくしん御神木をはじめ、天然記念物・びゃくしん百三十本
 余り樹齢一千年以上の木も多数あり古木館大正天皇参拝記念碑
 あり。
一.周囲三百米、海の干満との関係する底なしの池とされながら、
 真水で数万匹の鯉・鮒・なまづ等の淡水魚が元気に泳いでおり
 神秘的で人々のみそぎの池であり伊豆七不思議の一つである。

----------------(大瀬神社 境内案内板より)

YouTubeより動画を拝借。宮司さんのお話。社殿紹介。


20190312_ose_jinjya_023.jpg

拝殿の脇に結び付けられているのは、県内外の漁師さんたちが
大漁祈願・海上安全を願って神社に奉納した赤い褌。
中には、私の地元焼津市の漁師さんからの奉納もありました。

20190312_ose_jinjya_024.jpg

さてと…
石段を降りて次は神池に向かうとしましょう。

20190312_ose_jinjya_025.jpg

★その3に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2853.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック