FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年09月19日 (木) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2871.html

「厄災落としの割石」

20190323_sakuragi_034.jpg

20190323_sakuragi_035.jpg

ここまで「厄災落としの厄玉」を持って、
ケンケンパをして進みます。

20190323_sakuragi_036.jpg

20190323_sakuragi_037.jpg

厄玉はこちら。

20190323_sakuragi_038.jpg

「菅原神社(天神様)」
御祭神は菅原道真公。

20190323_sakuragi_039.jpg

「音女稲荷神社」

20190323_sakuragi_040.jpg

----------------------------
 かつて野田市内音女通りの一角に祀られていた神社で、
創建は明治十九年。平成十八年櫻木神社境内地に遷座。
祭神は稲魂女(うかのめ)の神。
御利益は、安産・保育・養育。

---------------(櫻木神社 境内案内板より)

「健康のなで石」

20190323_sakuragi_041.jpg

----------------------------
一、石に手を触れ祈念してください。
一、その手で患部や良くなりたい部分をなでてください。
一、同じ事を三度くり返してください。
ご平癒をお祈り申しあげます。

---------------(櫻木神社 境内案内板より)

「ご神水」
飲用に使う時は煮沸して下さいという説明書きがありました。
そのまま飲むとお腹を壊すので注意。

20190323_sakuragi_042.jpg

20190323_sakuragi_043.jpg

小さな池の中には鯉が。

20190323_sakuragi_044.jpg

「タノカンサー」
田の神様(桜の神様)と書かれています。
タノカンサーって響きが何だかローカルヒーローっぽいw

20190323_sakuragi_045.jpg

20190323_sakuragi_046.jpg

さて、そろそろお参りをしましょう。

20190323_sakuragi_047.jpg

櫻木神社
https://sakuragi-gokito.net/
御祭神/倉稲魂命、武甕槌命、伊弉諾尊、伊弉冉命
----------------------------
 野田市最古の社である櫻木神社は、社記によれば平安朝の
仁寿元年(西暦851年)に、大化の改新で活躍した大職冠藤原
鎌足公五代の後胤で、冬嗣公三男の嗣良公が、この地に居を
移した時、この処に桜の美しい大木があり、公がこれの木の
もとに倉稲魂命を祀り、その後武甕槌命の神を祀ったのが
始まりであると伝えています。
その後、冬嗣公の八男良世公の孫にあたる藤原則忠氏(髙梨
相模氏)が祭祀を継承したと伝えています。現社家はその継承
から28代目、初代から31代目に当たります。
存する宮司家社家文書によれば、この地は古くには「桜木村」
と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里
だったと考えられています。桜の宮と称へられている所以です。
そして今もなお広大な御神徳により、広くこの地の開発の
守護神として御神慮を示され、また野田市最古のお社として
その歴史を重ね、参詣する人みな朝に祈り、夕に感謝の誠を
捧げてまいりました。

---------------(櫻木神社 公式サイトより)

20190323_sakuragi_048.jpg

大きすぎて全て画面に収まらない…
下の写真は向かって右から「拝殿、幣殿、本殿」。
小さくしか写らない御本殿の屋根はちと分かりづらいかも。

20190323_sakuragi_049.jpg

★その4に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2876.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:千葉県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック