FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2019年10月03日 (木) | 編集 |
2019.9.27 参拝 
茅野市のマンホールを写真に収めている時に出会った神社。

20190927_inuibarasya_001.jpg

20190927_inuibarasya_002.jpg

20190927_inuibarasya_003.jpg

犬射原社
https://www.82bunka.or.jp/bunkazai/detail.php?no=2117&seq=0
御祭神/大己貴命・建御名方命・事代主命
----------------------------
市指定文化財 犬射原社 昭和四十二年十月五日指定
 犬射原社は諏訪大社上社の末社で、祭神は大己貴命・
建御名方命・事代主命、祀られた年暦は明らかでない。
桓武天皇の延暦年間の末(800年)頃に、諏訪神社式年造営の
行われた時、この社も末社の故をもって御造営されたと伝え
られるところからもその古さがうかがわれる。また古代から、
信濃国各郷村の課役をもって、毎年四月十五日に流鏑馬神事が、
また同月二十七日の矢ヶ崎祭(どぶろく祭)には犬追物の規式
が行われたといわれる。特に犬追物の規式は我国の創始で、
神事次第等旧記には三十二匹の犬と四十八本の矢を各村に割当
た記録が残っている。
 この一帯は犬射原と呼ばれ、天文十一年七月諏訪頼重は甲州
武田勢を迎え討つため、犬射原楡の木に陣したが勝利あらず、
退いて上田城を焼き、ついに桑原城で敗れて囚われた。
当初の境内は十丁四面の原野であったが天正の乱(1582年)
以後次第にすたれ、今日はこの一画を残すのみとなった。

-----------------(犬射原社 案内板より)

御柱、ココにも神社の四隅にありました。

20190927_inuibarasya_004.jpg


ブログに訪問ありがとう。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック