FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年11月18日 (月) | 編集 |
いきなり検索でココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2983.html

絵馬とおみくじ。

20190528_kibitsuhiko_019.jpg

「古代御社図」
すいません、この小さい写真ではわかりませんね。
ググればもっと大きな写真で載せている人がいると思うので、
興味がある人は各自で調べてみてください。

20190528_kibitsuhiko_020.jpg

奥から「御本殿」→「渡殿」→「拝殿」。
向かって左から見た写真と、右から見た写真。

20190528_kibitsuhiko_021.jpg

20190528_kibitsuhiko_022.jpg

吉備津彦神社「御本殿」
向かって左から見た写真と、右から見た写真。

20190528_kibitsuhiko_023.jpg

20190528_kibitsuhiko_024.jpg

ちなみに吉備津彦神社の御祭神「大吉備津日子命」は、
古事記での正式名は「比古伊佐勢理毘古命」。
日本書紀では「彦五十狭芹彦命」で別名「吉備津彦命」。
吉備津彦命は桃太郎のモデルとなった皇族です。

20190528_kibitsuhiko_025.jpg

----------------------------
岡山県指定重要文化財 吉備津彦神社本殿
             昭和43年4月19日指定
 この神社は、社名のとおり吉備津彦命を祭神とし、古くから
備前国の一宮として崇敬を集めてきました。十六世紀後半に、
金川城主松平氏に迫害され、社殿は焼き払われましたが、
元禄十年(1697)に再建されました。
しかし昭和五年、本殿・隋神門・宝物殿を残して焼失し、
現在の拝殿は、昭和十一年に建てられたものです。
 「本殿」は桁行三間・梁間二間・屋根は、流造り・檜皮葺の
流麗な建築です。元禄時代の建立で、県指定重要文化財と
なっています。
 このほか、「子安神社社殿」(市指定重要文化財)、
「神事絵巻」(県指定重要文化財)や、毎年八月に行われる
「御田植祭」(県指定重要無形民族文化財)等が貴重な文化財
として広く知られています。

-------------(吉備津彦神社 境内案内板より)

本殿向かって左手側に祀られる「楽御崎神社」と、
(御祭神は楽々与里彦命、楽々森彦命)
石の祠は「岩山神社」(御祭神は建日方別命)。

20190528_kibitsuhiko_026.jpg

----------------------------
⦅楽御崎神社⦆
本殿の両脇に本殿に向かって配祀されており、
吉備津彦命が吉備の国を平定する時に活躍された従者が
お祀りされています。

⦅岩山神社⦆
伊邪那岐命・伊邪那美命の御子で中山主神とも称します。

-------------(吉備津彦神社 公式サイトより)

本殿向かって右手側にある「楽御崎神社」
先ほどの楽御崎神社と同じ神様がお祀りされています。

20190528_kibitsuhiko_027.jpg

本殿向かって右手側の奥には「尺御崎神社」
(御祭神は夜目麻呂命、夜目山主命)

20190528_kibitsuhiko_028.jpg

----------------------------
⦅尺御崎神社⦆
 吉備津彦命の従者がお祀りされていて楽御崎の2社と共に
本殿を守るように配祀されています。 あたかも桃太郎さんと
共に鬼退治をした猿、雉、犬たちが、今でもお仕えしている
かのようです。


-------------(吉備津彦神社 公式サイトより)

続いて「子安神社」
御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命、木花佐久夜姫命、玉依姫命。

20190528_kibitsuhiko_029.jpg

20190528_kibitsuhiko_030.jpg

----------------------------
岡山県指定重要文化財 子安神社社殿
             昭和49年4月11日指定
 子安神社は、吉備津彦神社の摂社であり、元禄十年(1697)
に再建された現在の吉備津彦神社本殿よりも、古い建物である。
「吉備津彦神社社記」などによれば、晩年の池田光政は健康が
すぐれず、その健康祈願のため、娘の六姫が発願し、光政の
生母福照院の手によって、寛文十二年(1672)7月備前一宮の
境内に建立された。
 本殿は、桁行一間、梁間一間、檜皮葺で流造りの屋根の前後
に延びたゆるみない曲線、五七桐や蟇股の形状、高欄柱や
擬宝珠の姿などに、なお桃山朝の様式を残している。
外装に丹や胡粉を塗るなど、全体を華麗な社殿に仕上げている。
拝殿は、桁行三間、梁間二間、、入母屋造り銅板葺の建物で、
正面には「子安宮」と金文字で書いた神号額が掲げられている。

-------------(吉備津彦神社 境内案内板より)

20190528_kibitsuhiko_031.jpg

----------------------------
 摂社の子安神社は古来、縁結び、子授け、安産、育児の神様
として広く世に知られ全国から熱心なお参りがあります。
慶長年間、岡山藩備前監国の池田利隆公が子宝に恵まれ
なかった際、祈願後たちまち名君と仰がれた光政公の誕生をみ
たことは有名な話です。又、子安神社の脇に自生する蕨を
夫婦で食べると懐妊するという伝承があり、今でも御参拝の
夫婦より「子宝に恵まれました!」という喜びの声を聞きます。

※ 蕨(ワラビ)をいただく前後は神様にお願いと感謝を忘れず
に申し上げ、欲張らず他人の幸せと来年の生息本数を考えて
数本食べるだけを頂きましょう!

-------------(吉備津彦神社 公式サイトより)

子安神社北側(すぐ隣)の七つの末社。
手前から「下宮」(倭比賣命)、「伊勢宮」(天照大神)、
「幸神社」(猿田彦命)、「鯉喰神社」(楽々森彦命荒魂)、
「矢喰神社」(吉備津彦命御矢)、
「坂樹神社」(句句廼馳神)、「祓神社」(祓戸神)。

20190528_kibitsuhiko_032.jpg

こちらは祓神社から撮影したもの。

20190528_kibitsuhiko_033.jpg

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2985.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:岡山県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック