FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2019年12月08日 (日) | 編集 |
いきなり検索でココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3010.html

大嘗宮の裏側にまわって行きましょう。

20191203_皇居_大嘗宮_047

20191203_皇居_大嘗宮_048

20191203_皇居_大嘗宮_049

20191203_皇居_大嘗宮_050

20191203_皇居_大嘗宮_051

下の写真は「廻立殿」。
大嘗祭では天皇陛下が湯あみをし、装束を改める殿舎。

20191203_皇居_大嘗宮_052

20191203_皇居_大嘗宮_053

紅葉が綺麗です。

20191203_皇居_大嘗宮_054

裏手側から見る「悠紀殿」。

20191203_皇居_大嘗宮_055

さて、大嘗宮を拝観したあとの+α の写真ですよー。
下の写真は江戸城の「天守台」。

20191203_皇居_001

20191203_皇居_002

20191203_皇居_003

----------------------------
 徳川家康の入城以来、江戸城では、慶長度天守(1607年)、
元和度天守(1623年)、寛永度天守(1638年)と3度、
天守が建てられました。最も規模が大きかった寛永度天守は、
地上からの高さが約58mあったといわれています。
 この天守台は、寛永度天守が明暦の大火(1657年)により
焼失した後、天守再建を目指して万治元年(1659年)に
築かれたものですが、幕府内で、天守は不要との結論が下され
この天守台には天守が建てられないままになりました。
 江戸時代の江戸城は、天守があった50年間の後、天守が
ない状態が210年間続いたことになります。


---------------------(説明文より)

皇居東御苑の方にやって参りました。
下の写真は「諏訪の茶屋」です。

20191203_皇居_004

20191203_皇居_005

20191203_皇居_006

20191203_皇居_007

----------------------------
 諏訪の茶屋は、元々、明治45年(1912年)に、
皇居内の吹上地区に建てられたものです。その場所に、
江戸時代に諏訪社があったことから、諏訪の茶屋という名前が
付いています。昭和43年(1968年)に現在の場所に移築され
ました。


---------------------(案内板より)

庭園に池がありました。

20191203_皇居_008

20191203_皇居_009

20191203_皇居_010

20191203_皇居_011

20191203_皇居_012

見たこともない美しいコイがいたので撮影。ながーい尾びれを
ヒラヒラさせながら優雅に泳ぐ姿は、とても美しかったです。
この子たちは「ヒレナガニシキゴイ」という種類だそうな。

20191203_皇居_013

20191203_皇居_014

20191203_皇居_015

20191203_皇居_016

20191203_皇居_017

★その4に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3015.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
テーマ:東京23区
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック