FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2019年12月13日 (金) | 編集 |
2019.12.4 参拝 
上野恩賜公園をぶらりしていると、
「上野大佛」と書かれた看板があったので立ち寄ってみた。

20191204_上野大仏_001

20191204_上野大仏_002

ちょっと狭い境内。

20191204_上野大仏_003

20191204_上野大仏_004

20191204_上野大仏_005

大仏様の周りには絵馬が。
「落ちませんように」と学生さんたちが大仏様に願いながら
掛けていった絵馬です。困った時の「仏」頼み。

20191204_上野大仏_006

優しい顔をしていますね。

20191204_上野大仏_007

----------------------------
幾多の難を乗り越えた 上野大仏
 この大仏は寛永八年(1631)年、越後国村上城主であった
堀丹後守直寄公がこちらの高台に、戦乱に倒れた敵味方の冥福
を祈るために建立した「釈迦如来」です。京都・方広寺の大仏
に見立てられ、当初は漆喰で作られましたが、明暦・万治の頃
(1655〜60年)木食浄運という僧侶により高さ六メートルの
銅仏に改められました。
 また元禄十一(1698)年には輪王寺宮公弁法親王により
大仏殿が建立され、伽藍が整いました。しかし大仏は江戸時代
以来、地震や火災といった災難に何度も見舞われました。
幕末の上野戦争では辛くも被害を免れましたが、明治六年に
大仏殿が解体され、さらに大正十二年の関東大震災でついに
お顔が落ちてしまったのです。
 その後、寛永寺で保管された大仏は再建される計画も
ありましたが、残念ながら復元されることなく、お体は第二次
世界大戦時に提出されてしまいました。昭和四十七年春、再び
旧地に迎えられた大仏は、建立当初より大きくお姿を変えまし
たが「これ以上落ちない合格大仏」として広く信仰を集めて
います。


-----------------(上野大仏 案内板より)

元々はこんな姿だったそうです。

20191204_上野大仏_008


ブログに訪問ありがとう。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
テーマ:東京23区
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック