FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2020年02月13日 (木) | 編集 |
いきなり検索でココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3096.html

石段の先にある庭園はスルーしました。

20190609_ichijyoudani_099.jpg

20190609_ichijyoudani_100.jpg

20190609_ichijyoudani_101.jpg

カメラを右から左にぐるぐるーっと。

20190609_ichijyoudani_102.jpg

20190609_ichijyoudani_103.jpg

20190609_ichijyoudani_104.jpg

20190609_ichijyoudani_105.jpg

カエルさんがいる事に気が付いた。
可愛い声でケロケロ鳴いていましたよ♪

20190609_ichijyoudani_106.jpg

20190609_ichijyoudani_107.jpg

20190609_ichijyoudani_108.jpg

「朝倉館跡」から出ました。

20190609_ichijyoudani_109.jpg

「朝倉神社」

20190609_ichijyoudani_110.jpg

景色を撮影。

20190609_ichijyoudani_111.jpg

【下城戸】

20190609_ichijyoudani_112.jpg

----------------------------
 一乗谷の北側の谷が最も狭まるところに下城戸が構築され
ています。土を盛り上げて構築された下城戸は、基底部で
幅12〜19m、上面で幅6〜9mを測ります。高さは約4mです。
道路により一部が削り取られていますが、現存長は38mを
測ります。城戸の外側にあたる土塁北側には、幅約10mを
測る濠が作られていますが、深さについては不明です。
土塁の西側には巨石を組み合わせた通路があり、
ここが城下町への出入り口となっていました。この通路は、
外側から町の中が見通せないように矩折(かねおれ)状に
作られているところに最大の特色を見ることができます。
城戸の内側は広場的な空間となっており、その広場の南側
には町屋地区が形成されていることが、発掘調査の成果から
知られています。


----------(一乗谷朝倉氏遺跡 公式サイトより)

20190609_ichijyoudani_113.jpg

20190609_ichijyoudani_114.jpg

20190609_ichijyoudani_115.jpg

20190609_ichijyoudani_116.jpg

20190609_ichijyoudani_117.jpg

20190609_ichijyoudani_118.jpg


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック