定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2014年07月24日 (木) | 編集 |
少し前、焼津市に伝わる『猫の恩返し』の物語について書きました。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

徳太郎さん夫妻が祀った猫の像がまだ残されているという事で、
その像をお参りしてこうようと行って来ました。
場所は静岡県焼津市中根のとある場所、駐車場の一角にございます。
(ヒント:大富中学の近くです)

2014.7.23探訪
三毛像_20140723_001

まるで猫がそこに一匹居るかのような、小さなサイズの像。
誰が管理しているのかはわかりませんが三毛の側に、綺麗なお花とお水が
お供えされていました。あの物語からだいぶ経っているはずなのに、
今もまだこうして大事にされているんだなぁ…というのが見て取れますね。
生前はどんな子だったんだろう? きっと可愛い子だったに違いない。

三毛の足元にチョコンとある猫の置物は、
アジアン雑貨屋でよく売られているトナラ焼き(メキシコ)の猫の置物。
ちょうど自分が同じものを持っていたので知っていたんですけどw
誰かが三毛のために置いて行ったのでしょうかね。
線香を立てる為の香炉も置いてありました。

三毛像_20140723_002

両耳と左腕が削れてしまっているようです。
古いものだから仕方が無いとはいえちょっと可哀想な姿に… (´;ω;`)

帰る時にキチンと手をあわせて来ましたよ。
また会いに来るからね。


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック