定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2014年07月25日 (金) | 編集 |
2014.7.23参拝
こないだ、藤枝市にある『飽波神社』へ参拝に行って参りました。
(「飽波=あくなみ」という読み方をします)

飽波神社は『岡出山』と呼ばれる市街地に囲まれている丘陵地に鎮座しており、
神社の森は静岡県選定「ふる里の森」百選のひとつとされています。
飽波神社の森の上層部は『藤枝市岡出山児童公園』として管理されていて、
日清・日露・第二次大戦における戦死者の忠霊碑もあり、市民の憩いの場に
なっています。

飽波神社_20140723_001

飽波神社
http://hellonavi.jp/fujieda/shisetsu/1441.html
御祭神:少彦名命
配祀:瀬織津姫命、蛭子命、天忍穗耳命

-----------------------------------
 飽波神社は古墳時代、第16代仁徳天皇6年西暦318年戌寅10月飽波郷
(旧藤枝一円)の鎮護の神としてお祀りした、古い歴史を経た神社であります。
御祭神は少彦名命と申し上げ、大国主命と共に国を開き、産業を奨めて、
医療の術を教え、人々に知恵を授け、幸福をもたらしてくださる、
御神威の高い神様といわれ、崇敬されております。
 戦国時代(1560年)永禄、元亀の戦乱時、武田の兵が乱入し、
社殿、旧記録などを消失、時の神宮、曽根彦八貞が御神体を護持して難を逃れ、
小祠を建ててお祀りした。以来、江戸時代に入り、正徳5年(1715)に社殿を
再建したと伝えられています。

<歴史に示される「正徳の治とは」徳川6代将軍家宣(1709年)は、
儒者 新井白石を登用し政治を改めさせた。白石は儒教の徳治主義を理想とし
文治政治をすすめ、典礼、儀式なども整え、善政を行った。この時代に
飽波神社も再建されたことが推測される。>

 当時、山裾の小石のまわりから清らかな水がこんこんと湧き出ており、
諸病に霊験があったと伝えられ、人々に命の水を恵み、瀬戸川の水害からも
護って下さることから、飽波神社、湧波神社などともいわれ、
崇敬されてきました。正徳5年乙未年造建の棟札に「飽波神社川関大明神」
と記載され保存されております。時代の変遷を経た今日に至るまで、
歴史の流れが示していると申しあげられます。


-------------------(飽波神社参拝のしおり より抜粋)

飽波神社_20140723_002

拝殿はこんな感じ。
御本殿はここよりもう少しだけ高い位置にあります。

時々、旦那と一緒にぶらっと立ち寄る神社なんですが…
この日は「飽波神社の朱印をもらいに行こう」と言う理由で参拝w
「あれれ?前もらってなかったっけ?」と思ったけれどまぁいいや。

そんなに大きい神社ではないのですが、実にのんびりした所。
社務所でお婆さんに「今日はどちらか遠くからお越しで?」と言われ、
「え?いや、地元(県内)ですw」と答えたら「あらそうでしたかぁ」
…で、何か会話が続くかと思いきやそれっきりでちょっと寂しかった。
近場の人間ですまぬ。(´・ω・`)


よろしければブログ応援に、ランキングボタンや
拍手をポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
素敵なお宮さんですよね!
 こんにちわ、お邪魔します。
 飽波さんには静岡時代、亡き友人と何度か御参りに行った思い出の場所です。
 いつだったか、何年か前にお祭りを一緒に見に行ったっけ。お囃子を奏でてえらく賑やかだったのを思い出します。
 5月だったか、6月だったか、神様には不躾な表現で恐縮ですが、ちょっと友人に会うようなつもりで帰り際に立ち寄りました。まだこんなに暑くない時節で、穏やかな日和の中、本当に穏やかな気持ちで手を合わせてまいりました。
 拝殿に飾られている昔の絵馬がとても大きくて、本当に絵になるお宮さんですね! 
 また、たまには立ち寄ろうと思います。
 
2014/07/25(Fri) 12:52 | URL  | さとし #-[ 編集]
Re: さとしさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
いつもコメントありがとうございます♪

さとしさんのご友人との思い出の場所なんですね。
思い出の場所っていつまでもその時のまま、ずっと時間が止まっている
ような感じがするんですよね。再度訪れてみると自分の記憶の中での
「あの時」まで軽くタイムスリップしてしまうかのような…
ご友人に会いにいくような気持ちで飽波さんに参拝されたさとしさんの
気持ち、凄くわかる気がします。( ´ ▽ ` )ノ

拝殿の絵馬はお参りをする時真っ先に、目に飛び込んできますね。
古いものではありますけれど、描かれている絵がとても素晴らしいので
ついつい、じっくりと見てしまいます。

>また、たまには立ち寄ろうと思います。

夏場に来られる場合は、ヤブ蚊が沢山いるので気をつけて下さいねw
(少しの時間滞在しただけで数カ所食われました…;´Д`A)
2014/07/25(Fri) 14:02 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック