FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2020年05月31日 (日) | 編集 |
2020.2.8 探訪 
熱田神宮前の大津通。さすが名古屋といったところで
通り沿いにはドアラのフラッグが掲げられています。

20200208_喜与女茶寮_001

YouTubeから拝借。
個人的に野球はどこのファンとかそういうのは無いけれど、
中日ドラゴンズといえば水木のアニキが歌っている応援歌
「燃えよ!ドラゴンズ」の曲がアツくて好きです。



『喜与女茶寮』にやって参りました。わかり辛いですが、
「きよめ餅」を売っている和菓子屋さんの店舗奥に
その喫茶店はあります。

20200208_喜与女茶寮_002

甘味から軽食まで、お手頃な金額で楽しめます。
毎度の如く何にしようか悩む私(優柔不断)。

20200208_喜与女茶寮_003

20200208_喜与女茶寮_004

旦那が頼んだのは「あんトースト」
コテッコテの名古屋名物ッスな。

20200208_喜与女茶寮_005

そして私が注文したのは「ナポリタン」
昭和を感じる喫茶店に来たんならやっぱこれでしょー
……っと思ったのに全然普通のナポリタンじゃなくて驚いた。
来たのはあんかけパスタのナポリタンでした。

私が想像していたナポリと違う。(´・ω・`)
メニューにあんかけとは一言も書かれてなかったのに。
この日は私、名古屋メシを食べたい気分じゃなかったんだが…

20200208_喜与女茶寮_006

名古屋へ行くといつもこうだ。ココの店ではないけれど、
豚汁が食べたくて注文するとどこもかしこも八丁味噌を使い、
カツを注文すれば出てきたものには味噌がかかっている。
(写真でソースと思っていたものが実は味噌だったパターン)
たまたま私が高確率でそういった店に遭遇してしまっていた
だけなのかも知れないけど、名古屋では毎度こうやって想像を
見事にひっくり返してくれる店があるから怖い。
(別に悪いわけではないんだけど、名古屋メシはちょっとした
トラウマになっていたりする)

久しぶりに油断していた。とんだトラップだ。

20200208_喜与女茶寮_007

まあ、でもこれはこれで良し。
味が濃くてしょっぱかったのでちとツラいが、量はあるので、
お腹いっぱい食べたい人ならこの辺はおすすめかも。

しかしアレだ…個人的な思いとしては次名古屋行った時に
パスタを注文する時はまたあんかけ系が出てくるかもなので
一歩下がって構えておこう。名古屋B級グルメでない
ごく普通のものを食べさせて欲しい時にまたビックリして
しまわないようにw

【おまけ】
雑煮もあるっぽい。
通年やっているかどうかは定かではないけど。

20200208_喜与女茶寮_008

美味しかったです。ご馳走様でした。


本日紹介したお店はこちら。
----------------------------
きよめ餅総本家 名鉄神宮駅前喫茶部
喜与女茶寮

https://www.nagoya-info.jp/gourmet/detail/62/
http://www.kiyome.net/
住所/愛知県名古屋市熱田区神宮3-4-12
電話番号/052-671-4373
営業時間/8:30〜18:00(L.O.17:30)
定休日/月曜日(月曜が祝祭日の場合は火曜日)

※店舗情報は2020年5月現在のものです。
----------------------------

★熱田区二日目もこの店に行きました。
二回目のレポートはいずれアップする予定でいます。



ブログに訪問ありがとう。
記事が面白かったら拍手をポチッとよろしくね♪
関連記事
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
今、アニキが歌っているのか!おいらの世代では板東英二だったな。

熱田神宮と言えば一の鳥居から少しいった所にひつまぶしが美味しい鰻屋がある。

店の名前は…

忘れた(笑)
2020/06/02(Tue) 21:42 | URL  | 猫柳 #-[ 編集]
Re: 猫柳さん
こんばんは、いらっしゃいませ。
コメントいつもありがとうー♪

水木の兄貴が歌ったのは2002年〜2005年、2010年〜2014年、
そして2019年と結構長い期間歌っているようです。
個人的に好きな曲調は、最初の2002年バージョンかな。

>ひつまぶしが美味しい鰻屋

「あつた蓬莱軒」かな?
有名っぽいから一度あの店で食べてみたいんですよね。
2020/06/02(Tue) 23:12 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック