FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2020年06月09日 (火) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3252.html

境内マップの看板写真がわかりづらくてすいません。
本宮横に一本道が通っているので、そちらに進みましょう。
詳しい地図は下記のpdfを開いてご覧になって下さい。
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/keidai/pdf/keidai.pdf

20200209_atsutajingu_022.jpg

20200209_atsutajingu_023.jpg

分岐点からそのまま進むと「一之御前神社」。
右に曲がると「清水社」「神楽殿東」方面。

20200209_atsutajingu_024.jpg

【一之御前神社】
20200209_atsutajingu_025.jpg

----------------------------
一之御前神社
天照大神の荒魂をお祀りします。
 神様の御魂のおだやかなお姿を「和魂」と申し上げるのに
対して、時にのぞんで活動的勇猛的なご神威をあらわされる
御魂のおはたらきを「荒魂」と申します。


-------------------(境内案内板より)

一之御前神社をお参りしたら次に進みましょう。
清水社方面に進む前にこちら、本宮の裏手側に注目。
賽銭箱が置いてありますのでココでもお参りが出来ます。

20200209_atsutajingu_026.jpg

本宮の東側。こころの小径の杜のなか。

20200209_atsutajingu_027.jpg

【清水社】
20200209_atsutajingu_028.jpg

----------------------------
清水社  祭神/罔象女神
 水を司る神で、古くから(お清水さま)と称されている。
平家の武将であった平景清が目を患った折、この神様に祈り、
湧き水で清めた処、霊験あらたかであった事から眼病平癒の
信仰が高い。


-------------------(境内案内板より)

【お清水】
ズラズラっと行列が出来ているこちらは「お清水」。
時間がかかりそうだったのでココは撮影だけしてスルー。
女性に人気のようですね。

20200209_atsutajingu_029.jpg

20200209_atsutajingu_030.jpg

----------------------------
 湧き水の中にある苔むした石は、享禄の古図(1529年頃)
にも描かれている楊貴妃の石塔の一部との説もある。
三度水をかけて祈願すると願い事がかなうとか、
この水で肌を洗えば綺麗になるといわれている。


-------------------(境内案内板より)

御神木。

20200209_atsutajingu_031.jpg

【御田神社】
20200209_atsutajingu_032.jpg

----------------------------
御田神社  祭神/大年神
 祈念祭(三月十七日)と新嘗祭(十月十七日)のお祭りに
奉るお供えは、まず烏に食べさせる儀式が伝わっており
ホーホーと烏を呼びながら、お供えを土用殿の屋根に
投げ上げる。昔は「烏祭り」と称し烏が食べなければ、
お祭りが始まらなかったという。


-------------------(境内案内板より)

御田神社のそばに鎮座する龍神社を撮り忘れてしまった…
(´・ω・`)

【土用殿】
20200209_atsutajingu_033.jpg

----------------------------
 神剣を奉安した御殿で明治二十六年の御社殿御改造まで、
御正殿の東に相並んでいた。当時の儀式は宝蔵庫、
俗に井楼組(せいろうくみ)で、桁行約三米、梁間約百十糎、
屋根は切妻檜皮葺であった。昭和四十六年、古式のままに
元のこの地に復元した。


-------------------(境内案内板より)

こころの小径を抜けました。
授与所の近くにある梅の木は「ならずの梅」

20200209_atsutajingu_034.jpg

20200209_atsutajingu_035.jpg

----------------------------
 この梅は、享禄の古図(1525年頃)にも描かれている
奇木で毎年二月上旬頃から薄桃色の清らかな八重の花が
咲き始める。一度も実をつけたことがないので「不実梅」
(ならずのうめ)と名付けられ古くから有名である。


-------------------(境内案内板より)

★その4に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3262.html


ブログに訪問ありがとう。
記事が面白かったら拍手をポチッとよろしくね♪
関連記事
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック