FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2020年08月13日 (木) | 編集 |
焼津神社大祭中止 初日の記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3342.html

2020.8.13 参拝 
いつもだったら大祭二日目は御神輿が渡御する日。
白装束が「あんえーっとぉぉん!」と声を張り上げながら
もみくちゃになる様を見て焼津っ子の気持ちもアガる日。
しかし今年はいつもと違う夏。

やっぱみんな我慢ができないんでしょうね。
私もそうですが「祭りがなくてもせめて参拝を…」と、
人々が集まってお参りをしていました。
チクショウ、こうなったのもみんな中国のせいだぞ。
コロナなんて無ければ今頃は楽しいお祭りだったのに。

F3785908-5E80-4E23-A1F0-A535288BA6B3.jpeg

0E0E084F-8466-4696-B997-44FF725A12EB.jpeg

新しい社務所はもう入れるようです。
中に入ってみましょう。

B3B67085-DF39-46D1-9B9E-854DE3837087.jpeg

社務所建て替えは31年ぶり。参集殿(月冰殿)は54年ぶり。
新たに完成した社務所は一階が社務所、二階が参集殿。

多目的トイレや授乳室を新設した他、
展示スペースでは神社が所蔵する室町時代の日本刀等を常設。
今後は神宮撤下の御神宝も展示する予定でいるそうだ。
参集殿は広さ約130平方メートル。参道側には窓が無いですが、
これは大祭時に御神輿を見下ろす事がないよう配慮したもの。
(この配慮には拍手!凄いですね、よく考えて作られています)

展示スペースは授与所の両側にありました。
(獅子頭は撮影禁止でしたが、日本刀は撮影OKとのこと)

DA0C3950-7663-42FF-8312-034ACC419509.jpeg

【脇差:無銘 水田国重】
4B823FC6-6D43-4A7C-91EA-70F6CEEB1EC4.jpeg

2C49DF21-9BD6-4256-9B2C-878611726451.jpeg

B766D3E3-1C1B-4624-B64A-FB388EC035CC.jpeg

----------------------------
脇差 無銘 水田国重 
 長さ 44.0cm(1尺4寸5分) 時代 江戸時代(寛文頃) 
水田派は室町末期に備中国で興り、慶長以降に栄えた。
この一派はほとんどが国重と名乗り、中でも大与五国重が上手
である。また、同名が同時代に数多くおり、
名文も「備中国水田住国重作」と切っているものが多い。この
脇差は相州伝の鍛えで小板目に大板目が流れごころに交じる。
刃文は、小湾れ風の大乱れに荒沸がよくつき、匂い口が深く、
砂流しがかかるなど覇気がある。


---------------------(説明文より)

【刀:備前国長船清光】
E962C6DF-98A2-477B-801F-6E546A76932B.jpeg

----------------------------
刀 備前国長船清光 
 長さ 73.6cm(2尺4寸3分) 時代 室町時代(天正)
備前国は鎌倉時代から日本最大の刀剣製作地として有名である。
室町期は末備前と言われ、刀工数が著しく、応仁以降では、
則光、忠光、勝光、祐定、清光などがよく知られている。
しかし、天正19年の吉井川の氾濫で、この地が水没し、
わずかの刀工しかいなくなった。この清光は天正2年8月日の
裏銘があり、末備前の最後を飾る刀である。
地鉄は小板目よくつみ、地沸がつき、刃文は、直刃出来で、
清光の特徴がよく表れた刀である。


---------------------(説明文より)

【刀:無銘 当麻】
EB926E51-0477-4B9B-97A0-19C21289F0FE.jpeg

----------------------------
刀 無銘 当麻 
 長さ69.4cm(2尺2寸9分) 時代 南北朝時代 
鎌倉末期から南北朝期にかけて、大和国当麻の地で鍛錬した
刀工を称して当麻派と呼んでいる。有名な当麻国行の在銘の
太刀は二口にとどまり、多くは極め物である。
この刀は無銘ではあるが、当麻の特徴がよく出ている健全な
名刀である。すなわち、反りが浅く、身幅があり、
平肉がつき、鎬幅が広く、地鉄は板目が流れ、地沸が厚くつき、
刃文は直刃で、二重刃が交じり浅く湾れ、足が入り、
沸よくつき、砂流しがかかる。


---------------------(説明文より)

旧社務所(向かって右)とその隣の月冰殿はもうじきお別れ。
取り壊されたあとはこの場所に駐車場を整備するとのこと。

8FD882B1-60F6-4638-AA70-ACB33A2468DD.jpeg

「日本武尊御沓脱之旧蹟」に行ってみました。
※この場所がどんな所なのかは過去ログを参考にしてね。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-433.html

EDAF189C-A089-4E0A-8DED-CA2051333DE2.jpeg

9E7E393A-E617-4F3C-B1F0-4F628012BE44.jpeg

「大祭中止になっても、せめて剣だけはさしているのでは?」
と思ったけど、さしていなかったです。
仕方ないが寂しい。(´・ω・`)


ブログに訪問ありがとう。
記事が面白かったら拍手をポチッとよろしくね♪
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック