FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2020年12月24日 (木) | 編集 |
世間では今日は「クリスマス・イブ」というやつらしいが、
私はキリスト教徒ではありませんのでいつも通り過ごす。
海外のお祝い事だというのに世のカップルはドリンク片手に
チキンむしゃむしゃしながら呑気にジングルベルか。
もげろ。爆発しろ。一生別れられない呪いをかけとくぞ。
みんな幸せになれよコンチクショウ。

YouTubeから動画を拝借。
クリスマスというと昔のJR東海のCMを思い出すなー。
今の若い子は知らんと思うけど、スマホが無い時代、
「遠距離恋愛」というものが流行った時代があってだな…
こういったカップルにとって相手の顔を見て話せるという
のはそれはもう、大層貴重な時間だったそうな。
(今はスマホでなんぼでも出来るけど)

【CM 1988-92】JR東海 X'MAS EXPRESS 60秒×5


どうでもいい話だけど「クリスマス・イブ」というのは、
正確には日没からだそうです(昔は海外でも昔の日本と同じく
日没をもって日付が変わるとされていたため)。
クリスマス・イブはクリスマス前夜を表す言葉ではなくて、
イブ=evening(夜)」なので「クリスマスの夜」です。

関連過去ログ
サンタの夢なぞ幼少の頃に砕かれたわw
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1024.html
三太九郎(さんたくろう)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-992.html


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願い致します♪
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
遠距離恋愛の理想形かな
懐かしいCMを見せていただきました。
と、言っても1本目は何となく覚えていますが他のは記憶にありません。
私の地元では放送されなかったのかも。

それにしてもこれは男からするとなんだか気恥ずかしいCMですよ。
主人公が女性ばかりなのは女性の目から見た理想形のシーンなんでしょうかね。

でも良いなあ、遠距離だからこそ燃える想い。うまく表現していますね。

しかし、現実はなかなかそううまく行かないですけどね。(^^;
2020/12/24(Thu) 20:49 | URL  | tomabi2017 #-[ 編集]
Re: tomabi2017さん
こんばんは、いらっしゃいませ。
いつもコメントありがとうございます♪

>女性の目から見た理想形のシーン

多分、そんな感じかもですね。
こういうキラキラした恋愛って多くの女性の夢なのかも?
このCMが流れていた当時はトレンディドラマと言われる物
も流行っていましたが、こんな雰囲気のドラマが大半で、
視聴者も女性が多かったように記憶しています。

>現実はなかなかそううまく行かない

そんなものですよねw
(遠距離恋愛が流行ったけど遠距離で別れるカップルも
確かまた多かった気がする)
2020/12/24(Thu) 21:25 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
スマホはおろか携帯電話さえ無かった時代に
 ボウリングで知り合ったワンピースの似合う娘が電話番号を教えくれました。
下宿だと言っていたので取り次いでもらおうと、寒い夜空の中、電話ボックスの前をしばらく行ったり来たりしながら、意を決して電話をしました。
(まだ学生だったしアパートの部屋に電話なんかなかったからですね。)

 そしたら、声の太い男の人が出て「今、いない」とぶっきらぼうな返事。
あげくに「声が小さい」とか言われてしまいました。
 まだ、純真だった私は、それですっかりめげてしまい、そのままになってしまいました。

なんかそんなことを思い出しました(^^;
2020/12/25(Fri) 06:04 | URL  | tomabi2017 #-[ 編集]
Re: tomabi2017さん
再びコメントありがとうございます♪

>あげくに「声が小さい」とか言われ

おおー、tomabi2017さんの恋の思い出。
きっと怖い大家さんが出てしまったのでしょうか。
トドメでこれは結構心が折れますねw

携帯もスマホも無かったあの時代、
「好きな女の子の家に電話をするとお父さんが…」
という話もよく聞きますし、昔は電話一本かける
にしても世の男性たちは相当な勇気が必要だった
でしょうね。
2020/12/25(Fri) 08:46 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック