FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2021年02月01日 (月) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3553.html

続いて2階に進みます。

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_050

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_051

プラザラウンジ横にちょっとカッコいい絵が♪
(写真ではよくわからないと思いますが、
メタリックな部分がテラテラしててカッコいいんです)

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_052

2階は企業の歴史や製品の歴史を学べるコーナー。
https://my.matterport.com/show/?m=oGzy7dBsKT8
↑ バーチャルな体験であたかもその場所に居るように楽しめる
ページをリンクしておきますね。行きたい場所をタップすると
進みます(360度見たい場所を見る事が出来ますよ♪)。
VRヘッドセット使用可能。細かく見たい人はこちらをどうぞ。

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_053

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_054

【YA-1】(1955年)
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_055

----------------------------
 ヤマハ発動機の製品第1号。黒一色で重厚なデザインが常識
だった当時、栗茶色のスリムな車体から、”赤トンボ“の愛称で
呼ばれた。また、1955年7月の第3回富士登山レースや
同年11月の第1回浅間高原(全日本オートバイ耐久)レースで
上位を独占し、走行性能の高さも実証。大卒初任給が平均
1万円ほどの時代に13万8千円という価格にも関わらず、
3年間で1万1千台が世に送り出された。


---------------------(説明文より)

【YA-1 第1回浅間高原レース仕様】(1955年)※レプリカ車両
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_056

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_057

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_058

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_059

「拡大への挑戦 事業の多様化」
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_060

以下順番バラバラですが、見たものから写真をアップ。
レーシングバイクがズラッと並んでいます。

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_061

【‘55〜 初期のモーターサイクル】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_062

【’70〜 大排気量&4ストロークエンジン】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_063

【‘80〜 進化する個性とスタイル】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_064

【’90〜 新たなカテゴリの創出】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_065

オフロードバイクが並んでいました。

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_066

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_067

【‘60〜 拡がるフィールド 水面へ】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_068

20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_069

【‘68〜 拡がるフィールド 大地と空へ】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_070

【‘86〜 拡がるフィールド 水面へ】
20210128_ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ_071

ヘッドホンでエンジン音を聴くコーナーもあったのですが、
コロナ対策で休止していました。(´・ω・`)

★その5に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3558.html


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ応援の拍手をポチッとお願いします♪
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック