fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2021年02月12日 (金) | 編集 |
2020.11.9 参拝 
天川村の「大峯本宮 天河大辨財天社」にやって参りました。
この神社は日本五弁天のうちのひとつと言われております。
(黄金山大神・江島大神・竹生島大神・天川大神・厳島大神)
「天河大辨財天社=てんかわだいべんざいてんしゃ」
と読みますが、ざっくりと「天河神社」でも大丈夫です。

20201109_tenkawa_jinjya_001.jpg

天河大辨財天社の鳥居の横に鎮座するのは、お稲荷さん。

20201109_tenkawa_jinjya_002.jpg

鳥居をくぐって進みましょう。

20201109_tenkawa_jinjya_003.jpg

20201109_tenkawa_jinjya_004.jpg

一段高い場所にあるこちらは「五社殿」

20201109_tenkawa_jinjya_005.jpg

手前から奥に向かって…
・龍神大神(辨財天の化身なる龍神の神)
・大将軍大神(八ツつの杜の内森本神社御祭神)
・大日靈貴神(天照大御神の御別名)
・天神大神(菅原道真公)
・大地主大神(琵琶山の地主守神)

五社殿の前にあるのは「天石」

20201109_tenkawa_jinjya_006.jpg

20201109_tenkawa_jinjya_007.jpg

----------------------------
天石の云われ 
 大峯弥山を源流とする清流は天の川にそそがれ
坪内(壺中天)で蛇行し、その形は龍をしのばせる。
鎮守の杜、琵琶山の磐座に辨財天が鎮まり、古より多くの
歴史を有す。この地は「四石三水八ツの杜」と言われ、
 四つの天から降った石
 三つの湧き出る清流
 八つの杜
に囲まれし処とされ、神域をあらわす。その内三つの天石
(一つ石階段右・二つ五社殿前・三つ裏参道下行者堂左)
を境内に祀る。

------------(天河大辨財天社 境内案内板より)

こちらは石段の横にある天石。

20201109_tenkawa_jinjya_008.jpg

判りづらいと思いますが五社殿の場所から見上げると、
拝殿と御本殿が見えます。

20201109_tenkawa_jinjya_009.jpg

さて、お参りをしましょう。
(ここより上では撮影していませんので写真は無し)

20201109_tenkawa_jinjya_010.jpg

大峯本宮 天河大辨財天社
https://www.tenkawa-jinja.or.jp/
御祭神/市杵島姫命(辨財天様としても信仰されています)、
    熊野坐大神、吉野坐大神、南朝四代天皇の御霊、
    神代天之御中主神より百柱の神
----------------------------
多門院日記に、
「天川開山ハ役行者 -マエ立チノ天女ハ
 高野 大清層都コレヲ作ラシメ給フ」という一節があります。
これは室町期の傑僧多門院英俊の天河詣での記録です。
天河大辨財天社の草創は、この日記のような飛鳥時代の昔に
さかのぼります。龍、水分(みくまり)の信仰で代表され
古代民族信仰の発祥地とされる霊山大峯の開山が役行者に
よってなされたことは 周知のことです。その折大峯蔵王権現
に先立って勧請され、最高峰弥山の鎮守として祀られたのが
天河大辨財天の創まりです。
 その後、うまし国吉野をこよなくめでられた天武天皇の
御英断によって壺中天の故事にしたがい現在地、坪の内に社宇
が建立され、ついで吉野総社(吉野町史)としての社各も確立
しました。
 更に弘仁年中、弘法大師の参籠も伝えられます。
高野山の開山に先立って大師が大峯で修行された話しはすでに
明らかですが修行中最大の行場が天河社であったのです。
天河社には大師が唐から持ち帰られた密教法具「五テン鈴」
や、さきの多門院日記で紹介された「大師筆小法花経」、
又真言密教の真髄、両部習合を現す「あ字観碑」など弘法大師
にまつわる遺品が千二百年の星霜を越えてなお厳かに我々の心
を魅了します。冒頭で多門院英俊の言う「高野大清層都」とは
弘法大師のことなのです。

-----------------------(↓続く)

20201109_tenkawa_jinjya_011.jpg

----------------------------
 天河大辨財天社の由緒の中で、天河社が「大峯第一、
本朝無双、聖護院、三宝院両御門跡御行所」(天河社旧記)
であったことを見おとすことは出来ません。
通常准三后宣下を受けられた宮家が門跡就任を奉告するための
入峯は宗門にとって最も重要大切の行事とされ、江戸期将軍の
参内に匹敵する権勢と格式をもっていました。この門跡入峯に
あたっての必修行程に門跡の天河社参籠がありました。
 このことは遠くその昔役の行者や空海の縁跡を慕い、
その法脈を受けついだ増誉、聖宝解脱など効験のきこえ高い、
大変偉い上人たちが峯中苦行をなしとげ天河社求聞持堂に参籠
されました。そして峯中の大秘法「柱源神法」にもとづく修法
の数々が確立されたのです。まさにその一瞬天河社縁起に言う
「日輪天女降臨の太柱が立つ」といわれます。
これが門跡参籠修行の謂です。
 文化元年七月十六日三宝院高演によって修せられた
「八字文殊法」などはまさしく門跡参籠修帰依の史実を裏書
するものです。
 また琵琶山の底つ磐根に立ちませる神と従神十五の督のこと
が修験の著名な文献「日本正法伝」天河祭祀のくだりに
日本辨財天勧請の創めとして掲載されています。これは天河
大辨財天が本邦弁才天の覚母であるということなのです。
そしてその加持法力は広大無辺十五の督によってことごとく
伝えられ、信心帰依の善男、善女へ授けられる福寿のこと
夢疑うなかれとされています。

------------(天河大辨財天社 公式サイトより)

お参りを済ませたら来た方とは反対側に出て、
階段を下りていきましょう。

20201109_tenkawa_jinjya_012.jpg

20201109_tenkawa_jinjya_013.jpg

下から見える御本殿。お山は禁足地となっています。

20201109_tenkawa_jinjya_014.jpg

20201109_tenkawa_jinjya_015.jpg

【行者堂】
20201109_tenkawa_jinjya_016.jpg

----------------------------
 天河神社にゆかりのある役行者様をお祀りしております。
拝殿奥の階段から降りてすぐにございます。

------------(天河大辨財天社 公式サイトより)

行者堂すぐ側にある天石。

20201109_tenkawa_jinjya_017.jpg

【南朝黒木御所跡】
神社からほんの少し歩いた場所にあります。

20201109_tenkawa_jinjya_018.jpg

20201109_tenkawa_jinjya_019.jpg

----------------------------
神社より東側に南朝黒木御所の史跡がございます。
 南北朝時代、天皇、親王より御下命を賜わった綸旨、
令旨が13通の天河に現存し天河郷民が南朝忠勤を尽くされた
ことが物語れます。
 史跡は石積みされた塀のみ残されていましたが、
昭和五十五年五月一日旧皇族賀陽殿下を御迎えし南北朝皇族
を始め将軍戦士敵味方の南朝北朝の霊的和解を祈念し南北朝
慰霊祭が斎行され、宝篋印塔が建立されました。今尚、
南朝北朝の御霊様を偲びゆかりある皆様がお詣りされます。

------------(天河大辨財天社 公式サイトより)

天河大辨財天社は、この他にも摂社末社がありますが、
そちらへはお参りをしていません。お時間のあるかたは是非
いかがでしょう。

SERUNA:「そういえば何でここに来たかったの?」
旦那:「天河伝説殺人事件…(´・ω・`)」
……角川文庫のやつか。ただしロケ地はここでは無いらしい。


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッとしていただけると嬉しいです。
関連記事
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック