FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年08月19日 (火) | 編集 |
上社前宮レポ続きです。前のを読んでいない人はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

みなさんお待たせしました。
前宮の御本殿は、十間廊の場所より約200m登った場所にあります。
諏訪大社の栞によれば、こちらにお祀りされるのは建御名方神の奥さん
にあたるかたで『八坂刀売神』という神様です。
※記紀には登場しません。

20140808_suwamaemiya_006.jpg

信濃國一之宮 諏訪大社 上社前宮
http://suwataisha.or.jp/honmiya018.html
御祭神:八坂刀売神
-----------------------------------
 前宮とは上社本宮に対し、それ以前にあった宮の意味とも考えられている。
前宮の祭神は建御名方神とその妃神八坂刀売神と古くから信じられ、
ここ前宮の奥に鎮まるところが墳墓と伝えられる。古来より立ち入ることが
固く禁じられ侵すときは神罰があるといわれた。四方には千数百年の歴史を
有する御柱が七年目に建てられ、現在の拝殿は昭和七年に伊勢神宮から下賜
された材で造営されたものである。


---------------------(諏訪大社 境内案内板より)

ここは諏訪大明神が最初に居を構えた地と言われ、
諏訪信仰発祥の地とされています。

前宮の脇にはとても綺麗な水が流れる小川がございます。

■名水 水眼の流水
-----------------------------------
 古くから“すいが”と呼ばれ、山中より湧出する清流は、前宮の神域を流れ
る御手洗川となり、昔から御神水として大切にされてきた。
中世においては、この川のほとりに精進屋を設けて心身を清め、前宮の重要
神事をつとめるのに用いたと記録されている。
 この水眼の源流は、これより約1キロメートルほど登った山中にあるが、
昭和五年に著名な地理学者・三沢勝衛先生によって、はじめて科学的調査が
され、その優れた水質は「諏訪史」第二巻に取りあげられている。


---------------------(諏訪大社 境内案内板より)

20140808_suwamaemiya_007.jpg

この川の水の透明度は凄いです。
水に手をやってみると、キンキンに冷たかったですよ。

…前宮のレポはここまで。次の場所へと急ぎます。


余談です
諏訪大社の御祭神はみなさんおわかりの通り『建御名方神』。
建御名方神は、古事記では建御雷之男神に敗れ諏訪まで逃走して、
「ここから出ないから許して!」とゴメンなさいしています。
んで、諏訪大社で行われる『御頭祭』は鹿の頭を七十五頭も神に
捧げるわけですけれども…あれれ?そういえば鹿といえば、
ミカヅチさんの大事なお使いの動物では……

建御雷之男神:「お前っ…俺の可愛い鹿を…!」
建御名方神:「ごめんなさいごめんなさい!」((((;゚Д゚)))))))

私の中でこんなコミカルな妄想が始まってしまうのは秘密だw


★その5に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-372.html
その前にちょっと休憩。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-371.html


ブログ応援にランキングボタンや拍手をポチッとして
いただけたら頑張れちゃうかも。いつもありがとー♪
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック