定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年08月20日 (水) | 編集 |
神社じゃないけどタイトルは気にしないで欲しい。
一応、守矢家は諏訪大社に関係しているのでこのままでいきます。


8日の時系列についてはこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-347.html
箸休めのイラストを見ていない人はどうぞw
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-371.html


2014.8.8探訪
さて…諏訪大社の上社をお参りした後は、
近くにある『守矢史料館』という場所へ立ち寄ってみた。
一見普通のお家にも見えますが、ここで貴重な資料を見る事が出来ます。
…というか守矢さんのお家の敷地内に史料館があるんですけれどもw

20140808_moriya_001.jpg

神長官 守矢史料館
http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000001465000/
----------------------------------
神長官守矢家は古代から明治時代の初めまで、諏訪上社の神長官という
役職を勤めてきた家である。大祝諏訪氏は、現人神(生き神)であり
実際に神事を取り仕切っていたのは、神長官をはじめとする五官祝である。
五官祝には、祢宜大夫守屋氏・権祝矢島氏・擬祝伊藤氏・副祝長坂氏がいた。


-------------------(守矢史料館パンフレットより)

玄関を入ってすぐ左手には『祈祷殿』がございます。

■祈祷殿
神長官家の祈祷は一子相伝で、神長以外他の何人もたずさわるを許されず、
神長が祈祷殿に籠って祈祷調伏したという記録が残されているそうです。
明治五年前の家屋建物の図によれば、現在この祈祷殿のある位置に
神使精進室屋敷と言われる建物があり、ここに籠って御頭役の神使達が
精進潔斎を行い、その上で前宮での神事に参加をした。
元々の祈祷殿は精進室に対し、少し離れた東側に屋敷とは直接繋がらずに
建っていたようです。

祈祷殿は明治八年に一度取り壊されたけれど、伝統が消え去るのを惜しみ
明治二十年に再建され、現在の建物は昭和五年に改築されたもの。
茅野市有形文化財に指定され、立ち入りは出来ません。

20140808_moriya_002.jpg

『一子相伝』っつーと某アニメを思い出すのは私だけだろうかw
などいう、どうでもいい話は置いといて…

手元に『神長官守矢史料館のしおり』がございます。
史料館で200円で手に入れることが出来ますよ(と宣伝しておくw)。
現在の守矢家七十八代、守矢早苗さんのお話が載っていますので、
少し抜粋して書かせていただきます。

----------------------------------
 諏訪盆地には、『古事記』に書かれた出雲の国の国譲神話とは別に
もうひとつの国譲神話がいい伝えられています。そのことは、室町時代初期
に編まれました『諏訪明神画詞』などに記されています。

 それによりますと、大和朝廷による日本統一以前の話になりますが、
出雲系の稲作民族を率いた建御名方命がこの盆地に侵入しました時、この地
に以前から暮していた洩矢神を長とする先住民族が、天竜川河口に陣取って
迎えうちました。建御名方命は手に藤の蔓を、洩矢神は手に鉄の輪を掲げて
戦い、結局、洩矢神は負けてしまいました。その時の両方の陣地の跡には
今の藤島大明神(岡谷市川岸三沢)と洩矢大明神(同市川岸橋原)はその時
の藤蔓が根付いたものといいますし、洩矢大明神の祠は、現在、守矢家の
氏神様の祠ということになっています。


-------------------------★更に物語は続く。

「建御名方神vs洩矢神」のバトルってなんかシビれるなぁ。
藤の蔓に鉄の輪というアイテムがカッコええ。あぁ、悶々と物語が脳内でw
双方の能力はパワー系ッスかね。
(だから妄想はその辺に置いとけと…)

20140808_moriya_003.jpg

上の写真は祈祷殿の隣。

----------------------------------
 さて、出雲から侵入した建御名方命は諏訪大明神となり、ここに現在の
諏訪大社のはじまりがあります。このようにして諏訪の地は中央と繋がり
稲作以後の新しい時代を生きてゆくことになりましたが、しかし、先住民
である洩矢の人々はけっして新しく来た出雲系の人々にしいたげられたり
したわけではありませんでした。このことは諏訪大社の体制を見ればよく
分かります。建御名方命の子孫である諏訪氏が大祝という生神の位に就き、
洩矢氏の子孫の守矢氏が神長(のちの神長官ともいう)という筆頭神主の
位に就いたのです。


大祝は、古くは成年前の幼児が即位したといわれ、また即位に当っての
神降ろしの力や、呪術によって神の声を聴いたり神に願いごとをする力は
神長のみが持つとされており、こうしたことよりみまして、この地の信仰
と政治の実権は守矢が持ちつづけたと考えられます。

----------------(神長官守矢史料館のしおり より抜粋)


★その6に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-373.html


好きな方に投票ポチッとよろしく♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック