fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2022年02月06日 (日) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3915.html

原画を見た感想をちょこっとだけ。
この展示会を見るまで、てっきり普通に漫画専用の原稿用紙に
描かれているものかとばかり思っていたら全く違って、
質の良さそうなケント紙の四隅にキリのような物で印したあと
コマ割りをして描かれていました。モノクロやカラー原稿まで
先生の描かれた原稿はただただ美しかったです。
展示されている原画の数の多さにも圧倒されました。
これを見れていない人がいるなら勿体ない。

…さて再び撮影OKなフィギュアの写真を。

20211221_大ベルセルク展_020

20211221_大ベルセルク展_021

20211221_大ベルセルク展_022

20211221_大ベルセルク展_023

20211221_大ベルセルク展_024

20211221_大ベルセルク展_025

20211221_大ベルセルク展_026

20211221_大ベルセルク展_027

20211221_大ベルセルク展_028

20211221_大ベルセルク展_029

20211221_大ベルセルク展_030

20211221_大ベルセルク展_031

20211221_大ベルセルク展_032

20211221_大ベルセルク展_033

オブジェ。
ゴドーに鍛え直されたドラゴンころし。

20211221_大ベルセルク展_034

再びフィギュア。

20211221_大ベルセルク展_035

20211221_大ベルセルク展_036

20211221_大ベルセルク展_037

撮影スポット。
これで貴方も私もガッツにw

20211221_大ベルセルク展_038

★その3に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3918.html


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッと頂けると励みになります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
造形技術の進歩
おはようございます。
仏像とかを見て回ると、衣をまとっている感じとかが良く出来ていて感心させられます。ギリシャ彫刻でもそうですね。太古の昔からそんな造形技術があったのが驚きです。
SERUNAさんのブログでフィギュアの世界を垣間見せていただいて、その造形技術がとんでもなく進歩している印象を受けました。(まだまともに実物のフィギュアを見たことが無く写真だけの印象ですが、、、)
仏像に比べれば小さな机上サイズのフィギュアに造り込まれた、筋肉や肌の感じや身に付けている衣装や小物の感じなど実に良く出来ています。
これらはほとんど想像の世界なんでしょうから、作者の想像力も大したものですね。
どこかの美術展で1部門として設けても良いぐらいです。
2022/02/08(Tue) 09:17 | URL  | tomabi #Fs3vuqXc[ 編集]
Re: tomabiさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
いつもコメントありがとうございます♪

このテのフィギュアには「神造形師」と言われるような人達がいるのですが、一つの絵から見たものや想像したものから忠実に立体化する事が出来るのは本当に凄い事です。自分なんかは平面に絵を描く事くらいしか出来ないので、ここまで素晴らしい立体物を作れるかたがとても羨ましく思います。tomabiさんが仰る通り、こうまで作り上げる事が出来たらそれはもう芸術作品ですよね。

>太古の昔からそんな造形技術があったのが驚きです。

考えようによっては、遥か昔の造形物も(小さなものから巨大なものまで)ある意味「昔のフィギュア」なのではないかなと。もしも今現在のフィギュアがずっとずっと先の未来で発掘される日がきたら、アニメや漫画のキャラだったとしてもその像について未来人がクソ真面目に議論しちゃったりするんだろうかと想像すると可笑しくなってしまいます。
日本で発掘されたような土偶(縄文のビーナスのようなもの)なども実は、ただ古代人が色っぽい女性を作りたかっただけだったりして。
2022/02/08(Tue) 11:41 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック