定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2014年08月29日 (金) | 編集 |
しつこく言うけど「日本人なら古事記を読め」というお話。

「古事記?あんな物は所詮、神話でしょ」と侮ることなかれ。
日本神話というと皆さん古事記や日本書紀を思い浮かべる事でしょう。
風土記という物もありますね。

私は日本神話に纏わる地をめぐる事が大好きです。
古事記、日本書紀、風土記を追うと更に、これらの物語には書かれない
物語に辿り着きます。その土地や、神社の御由緒で語られるお話です。

自分は記紀の中ではヤマトタケルが好きです。
私が生まれ育った焼津に関係する人物であり地元の神社の御祭神。
それから自分はその神社の氏子でもありますから、ヤマトタケルは子供
の頃から大好きでした。日本各地に伝わるゆかりの地をもっと沢山
まわりたいと思いあれこれ調べていくと、まだまだ自分の知らない彼の
物語が存在する場所がある事に驚かされます。

「これ一生かけないとまわれないかも… (´∀ `;)」
なんてヘコみそうになったけど生きているうちはせめて行ける場所には
行っておきたい。神社だけでなく、川でも、山でも、どこへでも。
彼と所縁ある場所がわかれば、いつか行けるよう沢山メモに残してます。
新しく発見するたびに凄く嬉しくなるよ。

…その他の神々の物語も、いっぱい追って旅をしましたけどねw

ここで八岐大蛇の神楽を貼っちゃおう。
いつも他人様のアップした動画を拝借して申し訳ない。
スサノオもカッコいいッスよ。


日本神話を追いかけるってのは面白いね。遥か昔、その場所では確かに
「何か」があった。実際にあった出来事が「物語」という形に姿を変え、
脈々と語り継がれていく。全国各地には物語に関係のある地名も残され
ている。これらは大事にしなくちゃいけないよね。

皆さんは身の回りにある地名や、その土地で語り継がれる物語を意識
した事があるだろうか。自分には関係ないとか思ってない?
今、どれだけの子供達が各地に伝わる物語を知っているだろうか。
日本神話も、その土地に伝わる物語も、誰かが語り継がなければやがて
消滅してしまうのです。忘れ去られてしまう事がどれだけ怖い事か…

たかが神話、されど神話。昔話もバカにする事なかれ。
物語は現在進行形で色々なものに繋がっています。色々な事に繋がって
いるからこそ、大事にしなくちゃいけないんだと思います。
これらを大事にする事は日本を護る事にも繋がります。
忘れないで下さい。(記事:©SERUNA)

余談です
私は保守だと自称する人たちへ。護国だ何だ云々言うんなら、
身近にあるこれらも大事にしていかなくちゃダメですよ。
最近単に、嫌韓・嫌中だけを叫んでいれば保守だと勘違いして
いるおバカさんが居るようだからここで苦言を呈しておく。

-----

記事の最後に…古事記に関する、竹田恒泰さんのわかりやすい講義が
YouTubeにあったので貼っておきますね。※2年前の動画

よく分かる 古事記と日本人についての講義


もうひとつ、皇后陛下が日本武尊の物語について語られていたもの。
書き起こしがございましたのでこちらも。※中盤の部分
---------------------------------
第26回IBBYニューデリー大会(1998年)基調講演
子供の本を通しての平和 〜子供時代の読書の思い出〜美智子

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/ibby/koen-h10sk-newdelhi.html

-----------------------(リンク先:宮内庁)






ブログ応援にランキングや拍手をポチッと押して
もらえると嬉しい。いつもありがとー♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは。
御無沙汰してます。
記紀や風土記等に書かれている神代からの伝承が、現代においても神社や地名として現存しているところがすごいですね。
古事記等に登場する神々や英雄たちが、今も全国の神社に鎮座されて日本を守護されていることに気づいた時、御皇室と神様への感謝と尊崇の念が湧き起こり、日本民族としての誇りと国を愛する気持ちが芽生えてくると思います。
嫌韓、嫌中、反米、大東亜戦争、日本国憲法など、保守に目覚めるきっかけとしては何でもよいと思いますが、古事記をしっかり読んで、心の根っこを固めておかないとたぶん長続きしないでしょうね。
2014/08/29(Fri) 19:03 | URL  | そんのうファミリー #-[ 編集]
Re: そんのうファミリーさん
こんばんは、いらっしゃいませ。
お久し振りのコメントありがとうございます♪

神社、地名、伝統文化などがこんなに長い長い年月を経て、
今もなお多くのものが残されているってのは本当に凄い事ですよね。
私自身、古事記を知る前は身のまわりの物しか見えていなかったのですが、
古事記を読んでからそれははもう、嘘のように視界がひらけたというか。
これからの世を引っ張っていく若い人達にも沢山興味を持ってもらいたいな。

>心の根っこを固めておかないとたぶん長続きしないでしょうね。

古事記を知る事は、日本をの全てを知る事。
土台をしっかりしておかなければすぐに崩れてしまいます。
某SNSで感じた事なんですが、靖国神社だけを持ち上げて大事にするのに、
地元の神社の事はあまり大事にしていないとか、話題にならない限り、
昔からの伝統文化について見向きもしない人が沢山いる事に驚きました。
嫌韓嫌中の話題になると食いつくのに、近くに存在する大切な物はスルー。
それがあそこを抜けた理由でもあるんですけれど。(;´Д`A
「お前らそろそろ気付けー」と思ったりする今日この頃でございます。
2014/08/29(Fri) 20:41 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック