fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2022年02月15日 (火) | 編集 |
2021.12.22 参拝 
朝から「上宮天満宮」へお参りに。
下の写真は上宮天満宮「一の鳥居」です。
鳥居は昭和52年(1977)に建立されたもの。
狛犬は幕末の文久2年(1862)に建立。

20211222_上宮天満宮_001

続いて道を挟んで向こうに見えるのは「二の鳥居」。
高槻藩永井家初代の永井直清が明暦2年(1656)に建立。

20211222_上宮天満宮_002

20211222_上宮天満宮_003

石段の下にある小さなお社は、急ぎの人も足の悪い人も
誰でもここからお参りが出来るよう鎮座している遥拝所。

20211222_上宮天満宮_004

20211222_上宮天満宮_005

先へ進みましょう。

20211222_上宮天満宮_006

20211222_上宮天満宮_007

御神木ですね。
老木でしょうけれど大きくて立派です。
ぽっかり開いた木の根元から神様が出てきそう。

20211222_上宮天満宮_008

20211222_上宮天満宮_009

もう少し歩くと絵馬堂や授与所が見えてきます。

20211222_上宮天満宮_010

下の写真手前の小さな建物は「神具小屋」。
その隣が絵馬堂。

20211222_上宮天満宮_011

絵馬堂の中を撮影。カメラを左から右に。
中央に神使の牛さんが鎮座。

20211222_上宮天満宮_012

20211222_上宮天満宮_013

次の写真、向かって右手側は「神輿庫」。
左側は「お旅所」となっていました。

20211222_上宮天満宮_014

20211222_上宮天満宮_015

----------------------------
上田辺町と天神さん ー深いつながりの歴史ですー 
 古代にあたっては、天満宮の前から現在の下田部町に至る
広大な地域は島上郡濃味(のみ)の里・・・の一部にあたり、
上田部・中田部(現在の出丸町付近)・下田部とつながり
皇室御料田を耕作する田部氏が治めていました。弊社と氏神・
氏子の関わりがあったところです。
 5月5日の夏まつりは神輿渡御の氏子祭礼が行われ、
上田辺町のお旅所を経て下田部天満宮まで行列が続いた時代も
ありました。本神輿はもとより立派な子供神輿も寄進され、
今では神輿蔵に安置されています。平成27年にお旅所の地が
返還されたのを機会に、蔵は大改修され、古くからの地域の
信仰と想い出の場所として公開見学も可能となりました。

----------------(上宮天満宮 案内板より)

【西拝殿と東拝殿】
向かって左手側が西拝殿、右手側は東拝殿。

20211222_上宮天満宮_016

西拝殿の中に古い太鼓(宮太鼓)がありました。
天保7年に奉納されたものだそうです。

20211222_上宮天満宮_017

★その2に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3928.html


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッと頂けると励みになります。
関連記事
テーマ:大阪
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック